« 偉いオヤヂ達って馬鹿みたいに見える | トップページ | 多元宇宙の王子:キース・ローマー »

2004/07/28

鉛筆がいっぽん

愛用の赤鉛筆。
短くなってしまってカッターでも削りにくくなった。
こういうのってなかなか捨てられずに引出しにたまっていく。

pencil.jpg

鉛筆が一本 僕のポケットに
鉛筆が一本 僕のこころに
青い空を かくときも
真赤な夕焼 かくときも
黒い頭のとんがった鉛筆が一本だけ  (浜口庫之助)

ていう曲が大好きで、短い鉛筆を見る度に、この歌が聞こえる。
心が温かくなる素晴らしい詩と曲である。

最近知ったのだが、この曲は有名な国際ジャーナリストの大森実氏がベトナム戦争の報道を巡り会社側と対立し、毎日新聞社を辞めさせられた時に、浜口庫之助が応援の意味で贈ったものだそうだ。

詩情あふれる曲がまた違って聞こえるエピソードである。

|

« 偉いオヤヂ達って馬鹿みたいに見える | トップページ | 多元宇宙の王子:キース・ローマー »

日記2004」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/1070099

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆がいっぽん:

« 偉いオヤヂ達って馬鹿みたいに見える | トップページ | 多元宇宙の王子:キース・ローマー »