« THE SUN : 佐野元春 | トップページ | 鉛筆がいっぽん »

2004/07/27

偉いオヤヂ達って馬鹿みたいに見える

私の職場は毎朝「社歌」を歌う事になっている。だけどちゃんと歌っている人はほとんどいない。
私を含めて別会社の人間もいるし、派遣社員もいるのでそもそもちゃんとした歌詞すら知らない人が多い。音楽の間は仕事したり、電話とったりなど、朝礼が始まる前の待機時間のような感じになっている。
今朝、一応起立はしていたけど、暑かったので扇子でぱたぱた仰いでいたら、後ろから入って来た所長に「○○さん、朝礼中!」と注意された。はいはいすみませんね。態度悪かったですかね。と思ってやめたけど。

うーん。
ここは中学校か。あんたは校長か。
だいたいあんただって遅れて入ってきてるじゃないか。
そんなこと言うなら、時間前から来て立ってろっつーの、と腹立ってきた。

一時が万事、こんな感じで形式が大事、権威が大事な会社。物事の重要度の順序が違うんじゃないかという事ばかり。ここで働いていると反抗心がフツフツと沸いてきて、ロックンロールの歌詞がつくり易いかも。

しかしまあ、このご時世で状況が厳しい厳しいと言っているけれど、転職組の社員からみればたいへんぬるーいところがあり、申し訳ないけれどあまり居心地は悪くないのである。

|

« THE SUN : 佐野元春 | トップページ | 鉛筆がいっぽん »

日記2004」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/1063652

この記事へのトラックバック一覧です: 偉いオヤヂ達って馬鹿みたいに見える:

« THE SUN : 佐野元春 | トップページ | 鉛筆がいっぽん »