« 槙原敬之が9年10ヶ月ぶりのアルバム首位! | トップページ | サボテン島にはオリンピックがない »

2004/08/19

ブラックハウス

スティーブン・キング、ピーター・ストラウブ 共著<新潮文庫>

1984年に刊行された同じ2人による「タリスマン」の続編。当時は2度と合作はしないとのことだったが、17年の時を経て、この「ブラックハウス」が完成した。前作よりホラー&ミステリーの色合いが濃い仕上がりだが、キングの創作した「暗黒の塔」の世界との関わりが強く、やはりダークファンタジーと呼ぶべきかもしれない。
「タリスマン」で12歳だった少年、ジャック・ソーヤーは、今や30代となり、なんとLAの敏腕刑事となっている。彼は異世界を旅した記憶を無くしてしまっているが、子供たちを狙って連続する猟奇殺人事件をきっかけに、ふたたび彼の地「テリトリー」との行き来をすることになる…。
続編とは言っても、完全な続きではないので、前作を知らなくても面白く読めるようにはなっている。けれどやはり、私の場合は「タリスマン」大好き、「暗黒の塔」シリーズ大好き(早く5巻邦訳出してください)なので、ジャックの活躍は応援してしまうし、終盤で活躍するタイラー少年(異世界の王子さま?)の今後も気になる。
ジャック「君は破壊者(ブレイカー)なんだよ」
     「あれを破壊しろ」
少年「破壊するの?」
   「わかった」…(中略)…「いいよ」と囁いた。
この辺なんかもうワクワクします。
この続きはいったいどの本に書かれるのでしょうか?(書かれないのか?)

ネタバレにならないように書くのは難しいのだけれど、作者が「この結末は気に入らないでしょう?」と言いつつ、提示するジャックの運命が、私の望み通りだったし。私的ハッピーエンドと言ってもいいくらい。ファンタジーファン・キングファンに悦楽を与えてくれる作品です。

人気ブログランキング←クリックでじょえるが調子に乗ります。(笑)


|

« 槙原敬之が9年10ヶ月ぶりのアルバム首位! | トップページ | サボテン島にはオリンピックがない »

好きな本」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
こちらこそTB返しありがとうございます。
映画化本当に楽しみですよね。
あたしも上記の場面、大好きです。
タイラーが主役のお話、出ないですかね?

投稿: えんげつ輪 | 2005/02/23 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/1229699

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックハウス:

» ブラック・ハウス [B52...]
「タリスマン」映画化にあたり、多少モメているらしい。 監督が何度も降板、交代。 それだけ良いものを練り上げようとしているってことなのかな。まぁあたしとしては... [続きを読む]

受信: 2005/02/22 10:58

« 槙原敬之が9年10ヶ月ぶりのアルバム首位! | トップページ | サボテン島にはオリンピックがない »