« 占い(3) というか細木数子 | トップページ | アテネに行かずに長野五輪へ »

2004/08/29

千尋の闇(ちいろのやみ):ロバート・ゴダード

気にはなっていたけれど、まだ読んだことのなかったゴダード作品。初めて読んでみた。なんか暗そうだし、長いし、全部読みきれるかな、と一抹の不安を感じながら読みはじめてみたら...すごく面白かった。

失業中の歴史教師マーチンは、遠く南アフリカに住む友人から誘いを受ける。そこで彼は裕福なホテル経営者から、20世紀始めのある政治家の過去についての調査を依頼される。イギリスに戻って、調査を進めるマーチン。やがて、彼の前に美貌の歴史学者イブが現れる...。

一応ミステリーなのだが、解かなければならない謎は過去の記録に埋もれている。つまり歴史調査が、謎の解明への道なのである。主人公はどことなく冴えない失業中の元教師。彼の性格もなんだか煮えきらず、優柔不断で時に打算的。「こっちにいっちゃ危ないよ~、あ~だめだめ、騙されてるよ~」という方向にずんずん行ってしまう。「ああ、もうダメなやつ」と思いながらも目が離せない。鍵となっている回顧録(メモワール)の部分も劇中劇のようで、2重構造の物語がいつか重なりあって、深みを増していく。人間は変われるのか、それとも変わらないのか、考え込んでしまうラスト。余韻のある小説である。

ゴダード作品、はまりそうな予感。
<創元推理文庫>

|

« 占い(3) というか細木数子 | トップページ | アテネに行かずに長野五輪へ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/1306091

この記事へのトラックバック一覧です: 千尋の闇(ちいろのやみ):ロバート・ゴダード:

« 占い(3) というか細木数子 | トップページ | アテネに行かずに長野五輪へ »