« 突然ですがストッキングのこと | トップページ | リトルダンサー »

2004/09/09

ペイチェック:フィリップ・K・ディック

フィリップ・K・ディックの作品集。同名の映画の公開に会わせて、出版済のものを改題して出したのかもしれない。(たぶん、「パーキー・パットの日々」という書名だったのでは。あいまいな記憶による想像ですが。)

ジェニングスは多額の報酬を受け取る代わりに、働いている間の記憶を消されるという契約を交わした。いざ仕事を終えて支払いを受けてみると、渡されたのはお金ではなく、わずか数個のガラクタだった。しかし、それを手配したのは、なんと自分自身だという。その上、なぜか警察にも追われる羽目に。その謎を解くため、彼は過去に何をしていたのかを探りはじめる。

ほとんど主人公の一人称で進むハードボイルドっぽい小説。派手な演出はないが、謎のアイテムがやはり面白く、先が気になってどんどん読んでしまう。「こんなんでいいんだっ?」とツッコミをいれたくなる、秀逸なオチ。この結末こそが短編小説の面白さなのだと思う。
さすがにこのままでは映画にはならないとは思うが。

ジョン・ウーの映画『ペイチェック 消された記憶』では、世界の滅亡(それも派手なヤツ)まで匂わせちゃって、膨らませ過ぎじゃないのかとも思った。男はマッチョ過ぎるし、女も強すぎる。ラストはハッピーエンドというより、能天気過ぎるし。それでも、単純に娯楽映画として面白かったかな。
(鳩も出るよ。)
paycheckdvd.jpg

|

« 突然ですがストッキングのこと | トップページ | リトルダンサー »

映画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/1395233

この記事へのトラックバック一覧です: ペイチェック:フィリップ・K・ディック:

« 突然ですがストッキングのこと | トップページ | リトルダンサー »