« 時の旅人クレア ―アウトランダー | トップページ | 100s 「Honeycom.ware / B.O.K」 »

2004/09/17

死の王:タニス・リー

闇の公子』に続く平らな地球シリーズの第2弾。
前作「闇の公子」はオムニバス形式をとっていたが、この作品は長い長い長い物語。
繁栄するメルの国の女王ナラセンが受ける呪いをプロローグとして、国を守るため死者との子を身ごもるところから始まり、その子の放浪と苦難を中心に耽美な世界がディープにディープに展開される。
すべてを支配するようで、どこか所在なさげな死の王ウールム。人間を苦しめずにはおけない闇の公子アズュラーン。幼くして不死の運命を負ったジレム。人魚のお姫さまや、半分は神の子の少女。
多彩な登場人物がおりなす、妖しく、美しく、悲しい物語。
ストーリーの行方よりも、この文章にひたっていること、そのこと自体が幸せに感じられるタニス・リーの真骨頂。
読み終わる頃には、この耽美世界に酔うというより、泥酔状態になっていること請合いです。

1980年 英国幻想文学大賞受賞作品。
<ハヤカワ文庫>

|

« 時の旅人クレア ―アウトランダー | トップページ | 100s 「Honeycom.ware / B.O.K」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/1457173

この記事へのトラックバック一覧です: 死の王:タニス・リー:

» 「死の王」タニス・リー [Ciel Bleu]
 [amazon] [bk1] 平らな地球シリーズの第2弾。平たい地球シリーズ第2弾。こちらは「闇の公子」のようなオムニバス形式ではなく、普通の長編でした。まあ... [続きを読む]

受信: 2005/05/27 07:13

« 時の旅人クレア ―アウトランダー | トップページ | 100s 「Honeycom.ware / B.O.K」 »