« Shall we Dance? | トップページ | たぬきっ!! »

2004/09/28

活字のない生活は想像できない。

休日にいつもの美容院に行った。
美容院に付き物の女性雑誌の類があまり好きではないので、今読みかけの文庫本を持参していった。
ヘアカラー中などは、読書時間として有り難く活用している。
遠慮してくれたのか、ずっと話しかけずにいた助手のおニイちゃんが、マッサージしながら質問してきた。
「その本て、読むのに何日くらいかかりますか?」だって。
カバーのついた文庫を見て日数を聞くという時点で、「僕は本を読みません」と宣言しているようなものなのだが、素直に「3日くらいかな」と答えたら、「すごいですね」だって。

「僕は本だめなんですよね。絵がないと読む気しないです。全然読めないです。」
じゃ、漫画は好きなの、と聞いたら
「最近は漫画も読まないですね。そういえば、全然活字って読んでないです。時間つぶしに雑誌をぱらぱらと見るくらい。本て時間つぶすにはいいですよねぇ。」
私は逆に本を読むための時間が欲しいのだ、と言ったのだがまるきり理解できないようだった。

若者の活字離れが進んでいる、と良く聞くのだが我が家にいる若者は小説も漫画も良く読んでいるので、あまり感じたことがなかったけど、世の中にはこのおニイちゃんのようにまったく活字を読まない人がかなりの数いるのだろう。
まあ、年齢も環境も違うし、もともと共通の話題などないのだろうけど、活字中毒者と活字に縁がない人の間には、それだけではないすごく深い溝があるような気がする。

若い人だけじゃなくて、会社でまわりを見渡してみても、文庫本を持ち歩く人はあまり見かけない。(男性はビジネス書の類は読んでいるようだが。)まして翻訳もの小説マニアなんて、珍種の動物なみに稀少なのだろうか。絶滅が近かったりして。あ~ぁ。

「本を読もうよ!」というだけじゃ多分ダメなんだろうなぁ。

|

« Shall we Dance? | トップページ | たぬきっ!! »

日記2004」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/1540542

この記事へのトラックバック一覧です: 活字のない生活は想像できない。:

« Shall we Dance? | トップページ | たぬきっ!! »