« 翻訳物が好きな理由 | トップページ | セーラの行く道:モンゴメリ »

2004/09/05

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

cover

3日間で読了。以前に原書を読んでいるので、ストーリーは解っているのだが、やはり日本語で読むと展開がスピーディに感じ、のめり込み度も高まる。多分に英語力のせいもあるのだろうけど、原書の方が圧倒的に暗い感じというか、重圧感のある雰囲気の小説だったのだが、日本語版はもう少し軽く仕上がっている気がする。(原書版の感想はこちら。)

「戦いの前夜」と位置づけられるであろうこの作品には、やはり「ハリーの青春」とサブタイトルをつけたい。周囲の大人の思惑を、客観的に理解することができず、誰も自分をわかってくれないと悩む。自分の考えこそが正しいと思い込み、苛立ち、焦り、衝突を引き起こす。初キスや初デートも体験する。そして女の子の心理がわからずとまどったり。同い年でも女の子のハーマイオニーはずっと大人っぽい。(ロンは子供っぽい)

将来を決める大事な試験も迫っている。
(このOWL試験の制度だが、本当のイギリスの学校の職業選択もこういう感じなのだろうか。日本のように進学か就職かって感じじゃなく、「何になりたいか」「じゃ、この科目のこのレベルが必要」と具体的。15歳くらいでかなり具体的な職業をイメージしなくてはいけない。勉強もきつそうだし。フリーターばっかり増える日本にはこういうのもいいんじゃないかと思う)。

冷静な判断ができないハリーは、ダンブルドアの指示も素直に聞くことができず、結果として友人たちを危機に巻き込み、大事な人を失ってしまう。そして味わう自責の念と、喪失感。「スーパーマンではないヒーロー」としての、ハリーの成長が描かれていく。この苦い思いこそが彼を大人に近づけていくのだろう。

そして自分の避けられない運命を知るハリー。額の傷の意味と重みを知るハリー。
「選ばれたただ一人の人間」としての責任を自分の運命として受け入れて、彼は青年へと成長していく。
正直、次の巻が楽しみでたまらない。この試練の時期を乗り越え、家族のような仲間や友人を得て、今度こそハリー本当の活躍が始まることだろう。

<J・K・ローリング/静山社>

人気ブログランキング←クリックでじょえるが調子に乗ります。(笑)

|

« 翻訳物が好きな理由 | トップページ | セーラの行く道:モンゴメリ »

好きな本」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
日本語版、原書版のハリポタ5巻の記事を見て
トラックバックさせていただきました。
5巻、おもしろかったですよね。
いや、単純に「おもしろい」という言葉を使っていいのか
戸惑うくらい重いストーリーでしたが……
でもその重さも、ハリーの成長を描くためには
必要だったというじょえるさんの意見には納得です。
まさしく大河小説ですよね。
6、7巻ではどうなるのか想像もつきませんが本当に楽しみです。

投稿: どんぐり | 2004/10/01 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/1361928

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッターと不死鳥の騎士団:

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 その1(ネタバレなし) [海の地図]
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子 感想がかなり遅... [続きを読む]

受信: 2004/10/01 22:34

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団-J.K.ローリング /松岡佑子 - [かんこ堂]
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団-J.K.ローリング /松岡佑子 - 復活したヴォルデモートとの戦いはいつ始まるのか?ハリーにはなんの知らせも来ない。そして突然ハリーは吸魂鬼に襲われる。「不死鳥の騎士団」に助けだされたハリーは、「騎士団」が何か重大な秘密を守っていることを知る。新学期が始まり、恐ろしい新任教授アンブリッジと黒い扉の夢に悩まされ続けるハリーに、チョウ・チャンが微笑みかける…。... [続きを読む]

受信: 2005/08/19 00:16

« 翻訳物が好きな理由 | トップページ | セーラの行く道:モンゴメリ »