« 負け犬の遠吠え ドラマ化 | トップページ | 陰陽師:夢枕 獏 »

2004/11/15

闇に浮かぶ絵 : ロバート・ゴダード

yami1.jpgyami2.jpg
闇に浮かぶ絵 (上)闇に浮かぶ絵(下)

自殺したはずの貴族の跡取り息子が11年ぶりに戻ってきた。本物ならば、彼は弟の爵位を奪うことになる。実の母親も弟も、そして関係者すべてが彼を偽者と断言する中、元の婚約者だけが彼を本物と確信する。だが、彼女は既に結婚し、子供がいた。嫉妬に狂う夫は、この準男爵家の歴史に隠されてきた秘密を探ることになるのだが、深みにはまるに連れ、少しずつ精神のバランスが崩れ始める…。

19世紀イギリス貴族の内幕物ミステリー。ゴダードはこんなのばっかり書いているようだ。(私もこんなのばっかり読んでいるのだが。)
労働しない人々がもっとも裕福で、もっとも身分が高いという貴族社会。ノブリス・オブリージュ(高貴な人々の義務)という言葉があるが、貴族が労働せず、何も生み出さない人々ならば、それぐらいの義務(奉仕・慈善・軍務などに献身する)は負って当然だろう。言い換えればそれしか彼らの存在価値はなくなっていたのだ。
そんな皮肉な気持ちになってしまうくらい、この小説で描かれる一族の内情はドロドロしている。上品な筆致で紡ぎ出されるのは、親子、兄弟、周辺人物を巻きこんだ性愛スキャンダルに他ならないのだから。
「あんたたち他にやることはないのか、そんな暇があったら働け」と現代の労働者であるところの私は思う訳である。
ゴダード得意の何層にもなった謎解きの面白さはもちろん、貴族の裏側を覗き見るような楽しみもある小説だ。

こういうのを読むイギリス人の気持ちって、「大奥」を見る日本人の気持ちに通じるところがあるのかも知れない。
<文春文庫>

|

« 負け犬の遠吠え ドラマ化 | トップページ | 陰陽師:夢枕 獏 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/1967954

この記事へのトラックバック一覧です: 闇に浮かぶ絵 : ロバート・ゴダード:

» 今ふたたびの海 [個人的読書]
  ロバート ゴダード, Robert Goddard, 加地 美知子 今ふたたびの海 上 講談社文庫 こ 51-3 ロバート ゴダード, Robert Goddard, 加地 美知子 今ふたたびの海 下 講談社文庫 こ 51-4 「今ふたたびの海」  ロバート・ゴダード・著  講談社・出版/... [続きを読む]

受信: 2005/10/28 23:21

« 負け犬の遠吠え ドラマ化 | トップページ | 陰陽師:夢枕 獏 »