« スライム型コントローラ | トップページ | 勤務中に飲酒してることになるのか? »

2004/11/26

わが目の悪魔:ルース・レンデル

わが目の悪魔

ルース・レンデルは1976年にこの作品でイギリス推理作家協会(CWA)賞、ゴールド・ダガー賞を受賞して、ミステリーの女王への道を歩みはじめた。以前紹介した「ロウフィールド館の惨劇」」よりも前の作品になる。私の初レンデル作品でもあり、個人的にはこちらの方が好き。

厳格な伯母に育てられたアーサーは、その伯母の死によって天涯孤独の身となる。だが彼の毎日は、変わることなく几帳面に潔癖に、判で押したように繰り返されていく。彼の心の内に秘められた異常な衝動は地下室に置いたマネキン人形の首を締めることで、かろうじて抑えつけられていたのだが。ある日彼のアパートに新しい住人がやってきたことをきっかけに彼の「平和な日常」は徐々に脅かされ始めるのだった…。

異常者の心理を描写した小説という点ではサイコ・サスペンスというべきなのだろう。だが、アーサーの不幸な生い立ちから丁寧に描かれており、彼がもともと不安定な精神状態の持ち主であることに違和感を覚えないようになっている。その彼がやっと保っていた心のバランスがふとしたきっかけで大きく崩れだす様子には、恐怖よりも、同情を覚えてしまうのである。

また、彼の妄想のきっかけとなるアントニーは「異常心理」についての論文を書いている、という人物設定も秀逸。アーサーとアントニーの2人のA・ジョンソンをめぐる偶然と誤解が、やがてアーサーの狂気に繋がっていく様は、見事としかいいようがない。レンデル初期の傑作である。

<角川文庫>

|

« スライム型コントローラ | トップページ | 勤務中に飲酒してることになるのか? »

好きな本」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/2074453

この記事へのトラックバック一覧です: わが目の悪魔:ルース・レンデル:

» 先週の読書 [Soliloquize Sleepy Cat]
読みたい本を思いつかなかったので、手持ち無沙汰になった。「誰も知らない小さな国」を読み返した後、恩田陸を知った短編集「象と耳鳴り」を再読した。初っ端が茶碗が出て... [続きを読む]

受信: 2004/12/24 14:23

» フランチャイズ事件 [Soliloquize Sleepy Cat]
誰かが好きだと書いていたので読みたいと思っていた。電車で読んでいたら、表紙をじろじろ見られて不快だったので立つ位置を変えた。経済関連だとでも思ったのだろうか? ... [続きを読む]

受信: 2004/12/24 14:38

« スライム型コントローラ | トップページ | 勤務中に飲酒してることになるのか? »