« キアヌさま来日だそうです。 | トップページ | 突撃かぶと虫部隊:キース・ローマー »

2005/02/21

佐野元春:THE SUN TOUR FINAL

2月20日 NHKホールでのツアー最終日に行ってきた。

不思議なもので元春以外の人のライブに行くと、「どんな人が来てるんだろう」「会場はどんな雰囲気なんだろう」という感じで、ちょっとよそ者チックな気分にもなるのだが、元春ライブにいくと完璧に自分の居場所という気分になる。
ああ、またこの空間に帰ってきた、って感じかな。こここそが自分の居場所、この音楽こそが我々の糧なのだ、という奇妙な安心感があるのだ。

最終日ということで、開演前から会場はすごい盛り上がりで、まさに一触即発状態。開演時間を過ぎたころから、アンコールを待つような拍手と歓声の嵐が巻き起こっていた。

Back to the street で幕を開け、「踊れる元春クラシックス」がいっぱいの第一部。
アルバム「The SUN」の曲をたっぷり聞かせてくれる第2部。渋谷公会堂では聞けなかった「国のための準備」も、今回は演奏してくれた。もう「カッコいい」としか言い様がない。

1部、2部、どちらも素晴らしいものだった。演奏は非の打ち所がない出来だろう。THE HOBO KING BANDは日本のトップクラスのミュージシャンが集まっている、なんとも贅沢なバンドなのだ。そんなメンバーが心から楽しみながら演奏している。
ホール自体の音響も素晴らしく、前回みた渋谷公会堂では得られなかった、「美しい音に包まれる幸福感」をたっぷり味わうことができた。

アンコールでは、「昔を懐かしむためじゃなく、今を楽しむために」、昔の曲を演奏。古いファンも新しいファンも会場一体となって歌い、踊る素晴らしさは一言では表現できないくらいだ。

ファイナルのファイナルは「SOMEDAY」。「30代には30代の、50代には50代のいつかきっとがあるんじゃないかと思うんだ」と元春が言った。本当にその通りだと思う。

有名な有名なSOMEDAYのイントロのドラム。
古田たかしがそのフレーズを叩いたその時、心臓が一瞬止まって、また動き出したような気がした。
会場全体にも確かに電気が走ったと思う。

本当に幸せな数時間を過ごすことができた。こういうライブを体験すると、ずっとファンでいてよかったなあ、と思うのだ。

公式サイトによれば、

会場には堂島孝平、片寄明人、深沼元昭、藤井一彦、スキマスイッチなど元春に関連のあるミュージシャンも多数。
だったそうだ。

THE SUN

|

« キアヌさま来日だそうです。 | トップページ | 突撃かぶと虫部隊:キース・ローマー »

佐野元春」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/3025673

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野元春:THE SUN TOUR FINAL :

« キアヌさま来日だそうです。 | トップページ | 突撃かぶと虫部隊:キース・ローマー »