« ママレンジ、懐かしい~。 | トップページ | 前田健はあややだけじゃもったいない »

2005/03/01

愛と青春の旅だち

aitoseisyun 愛と青春の旅だち

昨夜、NHKのBS2で放送していて、懐かしさのあまりつい終わりまで見てしまった。
やっぱりこの映画、何度見ても面白いなあ。
リチャード・ギアはこの映画が一番かっこいいんじゃなかろうか。まだニヤけ過ぎてないもの。
私はプリティ・ウーマンという映画が大嫌いで、あれ以降リチャード・ギアへの評価は下がり気味。シカゴでまた上昇したけど。でもこの頃は好きだったのを思い出した。

貧困から這い上がるために仕官学校に入学するザック(リチャード・ギア)。家族の期待を一身に背負って入学して来たシド。厳しい訓練をこなす2人の友情を軸に、仕官の妻の座を狙う地元の女性達との恋愛模様が描かれるのだが。

もう言い尽くされたと思うのだが、やはり圧巻は鬼教官が、卒業した生徒たちを上官として送り出すシーンだ。彼は軍曹で、卒業生は「少尉」になるからだ。お礼を言おうとする卒業生達に"Yes, sir." "Thank you, sir."と、敬礼で答えるのである。ロードショーで見たときは、ここで泣きました。

まさかと思ったけど、今回も同じシーンで涙腺ゆるゆるになっちまいました。
(また絶妙なタイミングで濃~い主題歌が流れるんだなあ、これが。)

最近またCMで流れてるような。
サビの歌詞はこんなのです。

♪Love lift us up where we belong
♪Where the eagles cry, on a mountain high
♪Love lift us up where we belong
♪Far from the world we know
♪Up where the clear winds blow

ベタで濃いけど、そこがいいんだよね。

【UP WHERE WE BELONG (Joe Cocker and Jennifer Warnes)】
サントラ版CD

シカゴ
cicago


|

« ママレンジ、懐かしい~。 | トップページ | 前田健はあややだけじゃもったいない »

好きな映画」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/3129636

この記事へのトラックバック一覧です: 愛と青春の旅だち:

« ママレンジ、懐かしい~。 | トップページ | 前田健はあややだけじゃもったいない »