« アーサー王伝説と赤毛のアン | トップページ | ママレンジ、懐かしい~。 »

2005/03/01

ガニメデの優しい巨人:ジェイムズ・P・ホーガン

GANYMEDE2ガニメデの優しい巨人

星を継ぐもの』(感想はこちら)の続編。

前編で木星の衛星ガニメデの氷の下に埋まっていた巨大宇宙船。科学者ハントらの本格的調査が行われ、異星人の驚異的な文明が徐々に解明されつつあった。ある日、正体不明の装置に通電して動作実験を行うが何も起こらない。だが、それはある種の信号装置だったのだ。やがて、生きているガメニアンが乗った宇宙船が接近してくる…。

簡単に言えば、地球人とガメニアンとのファーストコンタクトのお話なのだが、この作品のポイントはタイトルにもなっている「優しい巨人」というところにある。ここでは優しい=攻撃的でない、競争心を持たないという意味なのだ。もちろん、この論法で行けば、地球人は優しくないのである。なぜ、地球人はこれほどまでに攻撃的なのか、他人だけではなく自分にさえ勝とうとするのか、の謎解きがされていて(もちろんホーガン流にだが)前編のようなミステリー的要素も、たっぷりと楽しめる。
また、世界平和がなされた地球(!)と、異星人の交流が丹念に描かれていて、宇宙人→侵略→宇宙戦争、みたいな思いこみは、あっと言う間に覆されてしまうのである。
ストーリーも謎ときも面白く、また、いろいろと考えさせられてしまうところも沢山ある、傑作SFと言えるだろう。

【余談】
ハントがルナリアンの古代の星図に「巨人の星」を発見する場面。
日本人ならみんな例の国民的アニメが浮かんでしまうんじゃないだろうか。ものすごく重要なシーンなのに気が散ってしまうのが、ちょっと残念ではある。(作者の責任ではないんだけどねえ。)

<創元SF文庫> 池 央耿 訳

|

« アーサー王伝説と赤毛のアン | トップページ | ママレンジ、懐かしい~。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/3120130

この記事へのトラックバック一覧です: ガニメデの優しい巨人:ジェイムズ・P・ホーガン:

» ガニメデの優しい巨人 [Sure...?]
 『星を継ぐもの』の続編SF小説。前作がおもしろかったので、即amazonで注文して、ほぼ1日で読み終わってしまいました。この世界観にどっぷりはまってしまったせいか、読むスピード [続きを読む]

受信: 2005/03/06 20:47

» 【review】ガニメデの優しい巨人 :ジェイムズ・P・ホーガン [yuminax]
前作よりも謎解きの要素は低くなっているため、ハラハラした爽快感は薄くなっている気がするが、作品の“ノリ”としてはこちらの方が私の好み。全体的に明るくて優しい感じ... [続きを読む]

受信: 2005/03/12 00:26

» 巨人の星と精神のダンディズム考 2003.6.X 初出 [仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌]
思い込んだら試練の道を 行くが男のド根性 真っ赤に燃える王者のしるし 巨人の星を... [続きを読む]

受信: 2005/07/10 22:34

« アーサー王伝説と赤毛のアン | トップページ | ママレンジ、懐かしい~。 »