« 影に歌えば:タニス・リー | トップページ | 犬は勘定にいれません:コニー・ウィリス »

2005/04/18

ダーリンは外国人:小栗 左多里

darlin1
本屋さんに行く度に立ち読みしていた本。
”も出たし、3冊目の「ダーリンの頭ン中」も出たので、さすがに立ち読みでは読みきれず3冊まとめ買いしました。

いや、ホント面白いんです。読みすすむうちになんか「共感」しちゃうんですよね。
私は別に外国人と結婚してるわけじゃないのに、なぜか「ああ、わかるわかる」って感じになります。

結局どんな言葉を話していても、男と女は異世界の生物ということなのかもしれません。(なまじ日本語を話しているから、逆にわかったつもりになって余計始末が悪かったりして。)

言語オタクのトニーさんのいろいろな発言に目からウロコってこともたくさんありますし、それ以上に、「毎日いろんなことがあって、それでも二人の日常は続いてく」っていう当たり前の感じに癒されます。

内容とはあまり関係ないですが、毎日のように二人でランチに出かける生活にも憧れを感じます。
いつかそういう生活したいなあ。

(ほんとは徹夜明けだったりして、大変そうですけどね。)


|

« 影に歌えば:タニス・リー | トップページ | 犬は勘定にいれません:コニー・ウィリス »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/3758311

この記事へのトラックバック一覧です: ダーリンは外国人:小栗 左多里 :

» ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。 [booksjp]
国際結婚、コレが現実。夫の出身国別にみる「暮らしのコツ」収録。 [続きを読む]

受信: 2005/05/15 08:10

» ダーリンは外国人(2) [booksjp]
「国際結婚はロマンティックでアモーレな世界ばかりではない」。そんな事実を描いた第一弾、「ダーリンは外国人」。続編であるこの「ダーリンは外国人2」も、「うっとり」とはほど遠い「ええっ!?」や「ちょっとちょっと」、あるいは「ふーん」な出来事を紹介しております... [続きを読む]

受信: 2005/05/15 08:16

« 影に歌えば:タニス・リー | トップページ | 犬は勘定にいれません:コニー・ウィリス »