« 千鳥ヶ淵 | トップページ | ダーリンは外国人:小栗 左多里 »

2005/04/12

影に歌えば:タニス・リー

kageniutaeba影に歌えば
タニス・リーの絶版本の中でも入手困難な部類らしい。アマゾンに出品されていたので思い切って買ってしまった。(文庫にしてはとってもいいお値段。)
リー版「ロミオとジュリエット」と聞いていたが、よくあるストーリーだけをもらって翻案したものかと思っていた。
実際読んでみるとそうではなく、作品まるごとでシェークスピアに挑んだような感じである。
登場人物(ロミュラーンとユーレッタ)も、舞台装置も、ストーリーもシェークスピア風でありながら、実はどこまでもリーの創作世界なのが、お見事としかいいようがない。原作では「死んだように見える薬」をくれるはずのお坊さんが、魔法使い風でなんだかすごく妖しかったりなど、あちこちに魔法っぽい雰囲気が感じられるのもなかなか楽しいのである。
長い長いストーリーだが、私はこの作品のラストがとても好き。もとは「悲劇」なのだが、やはり若者の物語の最後には「希望」が似合うのだと思う。

<ハヤカワ文庫>井辻 朱美 訳

ついでですが、

romio
ロミオ&ジュリエット

とにかく映像が美しかった。
水槽ごしに恋をする二人のシーンは後世に残る名シーンか。

レオナルド・ディカプリオ主演
バズ・ラーマン監督

|

« 千鳥ヶ淵 | トップページ | ダーリンは外国人:小栗 左多里 »

映画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/3424057

この記事へのトラックバック一覧です: 影に歌えば:タニス・リー:

« 千鳥ヶ淵 | トップページ | ダーリンは外国人:小栗 左多里 »