« 落ちる日々。(あるいは酔っ払いの繰言) | トップページ | 影に歌えば:タニス・リー »

2005/04/10

千鳥ヶ淵

CA250015

満開の桜を見に出かけたのは、いったい何年ぶりだろう。
狂気のような美しさ。頭の中が真っ白ならぬ、桜色。

私がもし外国人観光客で、今日のこの光景を目にしたとしたら、日本という国の虜になるのではなかろうか、とちょっと思った。

散策しながらつい、桜散る散る 九段坂と歌ってしまった。

本当は 桜散る散る 嵐山 ですけどね (by かぐや姫)


☆上の写真はケータイのパノラマモードで撮影したもの。
自分で撮影しといて何ですが、なんだかすごくないですか?

いえ、ケータイでこんな写真が撮れる時代だということが。

|

« 落ちる日々。(あるいは酔っ払いの繰言) | トップページ | 影に歌えば:タニス・リー »

日記2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/3645856

この記事へのトラックバック一覧です: 千鳥ヶ淵:

« 落ちる日々。(あるいは酔っ払いの繰言) | トップページ | 影に歌えば:タニス・リー »