« 映画『電車男』と『(ハル)』 | トップページ | 本を読んだことがないベッカム夫人 »

2005/08/16

ヤング・アインシュタイン

youngヤング・アインシュタイン
明るいおバカ映画が大好きで。
この写真の人がアインシュタインだというだけで笑ってしまいますが、ストーリーはもっとあほらしいのです。
このアインシュタインはタスマニア島に住んでいるのですが、「タスマニアビールに泡を入れたい」という理由で核分裂を成功させて、研究所(小屋です)を吹っ飛ばしてしまいます。でも本人は無事。全身真っ黒になって、歯と目だけ白いというドリフのコントなみの格好でビールジョッキ片手に爆発の炎の中から出てきます。

ビールの泡の秘密の公式”E=mc^2”で特許を取るんだ、とオーストラリア本土へ向けて旅立ちます。
この旅がまた手漕ぎボートに徒歩です。砂漠から氷原から、アボリジニの集落をぬけて、こいつは不死身かってくらいの旅なんですが、なんの説明もなく淡々と進みます。

途中マリー・キュリー(独身)に会って恋仲になったり、精神病院に入れられたり、と波乱万丈の大冒険。
得意の頭脳で新しい音楽「ロックンロール」を発明したり、エレキバイオリンにアンプにエレキギターを発明したり、最後は原子爆弾の爆発の危機を渾身のエレキギター演奏で救うという、おバカここに極まれり、という素晴らしさです。
最後はタスマニアに凱旋し、「スピーチを!」と言われて自宅の軒先でロックライブをやらかすのです。ちゃんとジャンプもします。
主演はヤッホー・シリアスという名前です。
ヤッホーはYAHOOという綴りですが、やっぱりヤフー・シリアスと読んでしまいました。

頭が疲れたときには、こんな映画、どうぞ。

とりあえず「何があっても大丈夫」な明るい気持ちになれること確実。


|

« 映画『電車男』と『(ハル)』 | トップページ | 本を読んだことがないベッカム夫人 »

好きな映画」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/5493580

この記事へのトラックバック一覧です: ヤング・アインシュタイン:

« 映画『電車男』と『(ハル)』 | トップページ | 本を読んだことがないベッカム夫人 »