« 蝉しぐれ | トップページ | 番頭はんと丁稚どん »

2005/10/12

自分にはどんな英語が必要か。

リンク: My Life Between Silicon Valley and Japan - Web 2.0時代を生きる英語嫌いの若い人たちへの英語勉強法.

「オールラウンドの英語力なんて幻想」ということでしょう。その通りだと思います。

私は若い頃、英語を自由に話せて書けて読めることにあこがれていました。それなりに努力したつもりですが、スピーチは出来ても、自由に会話することに苦痛を感じる自分に気がつきました。
よく考えて見れば当然のことなのです。私は日本語でさえ、「人と話をすること」があまり好きではなかったのですから。人と話すより、1人で読書する方を選ぶ人間だったのですから。英語でも日本語でも、話す内容がなければ会話をすることなんて出来ないのは当たり前のことだったのです。

今ごろになって、自分が本当に好きなのは本を読むことだと気がつきました。好きな本なら日本語でも英語でも苦にならないのです。「英会話」こそ出来ないけれど、ペーパーパックを読むことは出来て、それは結構幸せなことだな、と思っています。

ところで、私は先月からくもんのS.R.S.(スピードリーディングシステム)という教室に通いはじめました。「速く読むため」の英語を勉強をしたかったのです。
センター試験を目指す高校生に混じって、英語を読むスピードを上げる訓練をしています。受験生諸君はどうかわからないですが、私はこれが楽しくて楽しくてしょうがないのです。自分の好きな勉強をするってこんなに楽しいことなんだ、って本当に目からウロコの気分を味わっているところです。
こういうのも若いときには味わえない幸せのひとつなのかな、なんて思っているのですが、さて、どうなんでしょう。

|

« 蝉しぐれ | トップページ | 番頭はんと丁稚どん »

日記2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/6358466

この記事へのトラックバック一覧です: 自分にはどんな英語が必要か。:

« 蝉しぐれ | トップページ | 番頭はんと丁稚どん »