« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/29

ぼくの国、パパの国

eastiseast-B00005LJQSぼくの国、パパの国
宗教的な価値観の対立が家族の中で起こったら、いったいどうなるんだろうか、という映画です。
若い頃にイギリスに移民してきたパキスタン人のパパが、イギリス生まれの7人の子供たちに正しいイスラム教徒としての人生を歩ませようとするのですが、単なる父の横暴としか思えない子供たちは全くいう事を聞きません。
最後には絶対服従のはずの妻にも反撃されて...というお話です。

基本的にはファミリーコメディとして作られていますし、音楽も良いので楽しく笑いながら見ることのできる作品ですが、やはりいろいろと考えさせられるところがあります。
「子供が親を理解する」「親が子供を理解する」なんてことは、実は絶対無理で、せいぜい「想像してみる」ことができるかどうか、くらいのところなんじゃないかと私は常々思っているのですが、ここまで親が横暴だともはや想像の範囲すら超えているわけで、家族の空中分解は必至ということになるわけです。

こういうのを見るとやはり「宗教って無いほうが世の中平和なのかもしれない」と思ったりします。まあ、宗教がなくなるなんてことはありえないけれど、せめて平和共存をお願いしたいものです。難しいところですが。

映画の終わりの方で、反撃した妻に対して夫が「焼き殺すぞ」という場面がありぞっとしました。
以前読んだ生きながら火に焼かれてという本を思い出したからです。(感想はこちら

「逆らう女は殺して当たり前」という感覚がやっぱりどこかに残っているのでしょうか。
恐ろしいことだと思います。

人気ブログランキング←クリックでじょえるが調子に乗ります(?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画館がお茶の間化する憂鬱。

前の記事「ALWAYS-3丁目の夕日」を見た映画館でのこと。
館内は子供連れやカップルはもちろん、熟年夫婦と思われる人がたくさんいて、幅広い年代に人気の出ている映画のようだった。
私の後ろの席にも、そんな熟年カップルが座り、予告編の間中、なにやら会話している。まあ、時にはこういう人たちもいるけれど、本編が始まったら当然黙ると思っていたのだが。

これが全然黙らないのだ。

まるで家のお茶の間でテレビを見ている雰囲気だ。

会話らしい会話ではなく、彼らは見たものをそのまま口に出すのだ。

東京タワーが映れば、「東京タワーか。」
上野駅が映れば「上野駅か。」
雪が降っていれば「雪だ。」

そして誰もが予想がつく先の展開を口に出す。

集団就職の女の子が運転手付きの黒塗りの車を自分の迎えと勘違いする場面では
「あれじゃないんだよな」

妻と娘が待っている家に帰る夢を見た男が実際に家に帰る場面では、
「本当は独り者なんだよ」

エトセトラ、エトセトラ....。

あまりのことに殺意すら覚えるわけですが。

彼らの普段の夫婦関係すら垣間見えるようで、気分の悪いことこの上ない。
なんにでも威張って講釈をたれる夫と、黙ってきく妻という私のもっとも嫌いなパターンなのである。
(要するに、私の親を連想させる。)

あの人たちがいなければ、私のこの映画の評価ももう少しあがったのかもしれないが。
なんだか昔はこういう男女差別があたりまえだったんだなあ、という思いが映画の評価にも反映されてしまったような気もする。

団塊の世代の定年とともに、これからこういうご夫婦が映画館に繰り出してくることも増えるのでしょうが、映画業界のみなさん、「夫婦で映画」キャンペーンとともに、「映画館でのマナー教育」も必要なようです。

映画は街頭テレビじゃありません。

映画館は自宅のお茶の間ではありません。

てね。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/27

ALWAYS-三丁目の夕日

映画ALWAYS-三丁目の夕日

ひと言でいうなら「ノスタルジーという名のファンタジー」。

yuuyake-4091800637独特の絵(人も犬も猫も同じ顔)で描かれた膨大な短編の連作をよくも映画にまとめたものだと思うし、見事なCG世界も、ベタに徹した泣かせ技も見事としかいいようがない。

鈴木オートの家族も、夢破れた小説家も、親に捨てられた子も、皆うまいものだ。
失われてしまった昭和30年代への憧れを描くファンタジーとしては非常によくできた映画だと思う。

でもなあ。

ひとつだけ、どうしても納得できないことがある。

続きを読む "ALWAYS-三丁目の夕日"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005/11/25

電気ケトルに思う

t-falずっと欲しかったT-FALの電気ケトルをアマゾンで買いました。
これが想像以上に便利で、かわいくて、もっと早く買えばよかったと、後悔しきりです。

コーヒー一杯でも、紅茶一杯でも、もちろん日本茶・ハーブティー、それからお茶漬けでもカップめんでも、とにかく思いついて器やらお茶の葉やらを用意している間にもうお湯が沸いています。本当に「一杯分」だけ沸かしてくれるのです。それがものすごく快適です。

このまるっこい形もなんだか愛嬌があるんですよね。それにスイッチを入れたあとものすごい勢いでお湯を沸かす頑張りっぷりがまたかわいいんです。なんかこう、名前つけたくなるような感じの愛着が湧く電気製品で、そういうのって珍しいことかもしれないと思います。

で、これ使ってちょっと考えました。

近頃は「必要な時に必要なもの」が割りと簡単に手に入る便利な世の中なのですが、「必要な分だけ手に入れる」ってことをつい忘れがちかもしれないと。それって意外に重要なんじゃないかと。
多すぎる旅館の料理とか、焼肉食べ放題とか、あるいは少なすぎる高級店のおそばとか、(食べ物ばっかりだが)どれも実はあまり嬉しくない。(濃すぎる愛情も、薄すぎる愛情も、かな。)

多すぎず、少なすぎず、いつ行っても「私のおなかにぴったりの料理」を出してくれるそんあ店があったらいいなあ、と思いますよね。本当にあったら通いつめてしまうかもしれません。まさにオン・デマンドなレストランです。
しかし、お客様の「必要なもの、必要な量」。それを見極めるのが商売の極意なのだとしたら、こんなに難しいことはないのかもしれませんが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

ウィーズリー兄弟 来日

忙しくて本を読む暇がない。
本が無ければほとんど抜け殻な私でありまして、当然ながらブログの更新もままならないのであります。

しかし一週間も何もUPしていないのに、ここ数日アクセス数が激増しておりましていったい何が起きたのかと思っております。ハリーポッター映画の封切り間近なのが影響しているのでしょうか。

そこでもうひとつハリー関連ニュースを。

映画グッズの販売などをしているハリウッドコレクターズギャラリーによれば
ロンの双子の兄を演じているフェルプス兄弟が、初来日してサイン会をやるようです。
詳細および日程はこちら

25日に予定されているプラネットハリウッドは、東京ディズニーランド隣のイクスピアリにあるレストランですね。
入り口にターミネーターのシュワちゃん人形があります。行こうかな、と思ったら有料だった。

スリーショット撮影   ¥4,500
シングルサイン(お客様による商品持込又はポートレイト) ¥3,500
ダブルサイン(お客様による商品持込又はポートレイト) ¥6,000
スリーショット撮影+撮影した写真にダブルサイン ¥9,500
スリーショット写真の焼き増し ¥2,000

この価格設定がなんだか面白い。双子だから2ショットじゃなくスリーショットで、2人のサインをもらうと値段が跳ね上がるという。

お見事でございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/16

はがき職人 in USA

というわけでもないのでしょうが、

PostSecret というサイトが今アメリカで大人気らしいのです。

誰にも話したことのない心の中の秘密を、手製の絵葉書に書いて匿名で投稿してもらい、コレクションとして掲示しているものです。一種のアート・プロジェクトというだけあって、それぞれの絵葉書のセンスがとても個性的かつ、凝った作りで、全然見飽きないのです。

「秘密」それ自体もプッと噴き出してしまうようなものから、見てはいけない心の闇を覗かされてしまうようなものまでいろいろです。他人の秘密を覗き見るという興味から読み始めて、そのうちにどこか共感を覚えてしまうようなところが人気の秘密なのかもしれません。

こういう、「告白することで安心する」というのは、「懺悔の文化」とでも呼べるのでは、と思います。
日本人が水に流して忘れてしまうように、彼らは「懺悔」「告解」として誰かに告白して心のバランスをとっているように見えるのです。精神分析医が隆盛を誇っているのは、もしかしたらそんな理由があるのか、とも思いますがどうなんでしょうか。


ところで、今見られるカードの中で、私が気に入っているのは

The only man that I've ever loved was a guest at my wedding.

(私が愛したただ1人の人は、私の結婚式のお客だった。)

というものです。なんだか切ないですよね。ドラマみたい。


さて、自分だったらどんな秘密を投稿するか、と考えてみるのもまた一興。

そして、あなただったら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/11

携帯から投稿するとき

作業の順番に表示されることがわかった。
前の記事で

「なんだか幸せ」と書いてから写真の添付をし、それから本文の2行目に「ミスドにて」と書いたら
1行目と2行目の間に写真が表示された。(もう直しちゃったけど)

ということは、写真を上にしたいときは、最初に添付ファイルを指定して、文章を上にしたいときは、最後に添付作業をすればいいのね。(もちろんココログの場合ですけど。)

なるほど。
今まではなんかレイアウトがいじれないのがいやだったんだけど、これで携帯からの投稿が増えるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェオレがおかわり自由だって

051111_12100001.jpg

なんだか幸せ。
ミスドにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/09

リタ・ヘイワース

このブログを始めてまもない頃に書いた「刑務所のリタ・ヘイワース」というエントリにいまだに沢山のアクセスをいただいております。
皆様、ありがとうございます。

ところで、この小説で重要な役割を果たす「リタ・ヘイワース」の顔を実はよく知らなかったので探してきました。

まず、「アイドルの休日」風の写真。卓球してます。--Rita Hayworth - Ping Pong Photos

で、こちらは彼女の写真ばかりたくさん集めたギャラリー。水着写真もあります。--Photo Gallery #2

キングの小説に出てくるのは、どのポスターなんでしょうか。

本文にはこうあります。

リタの服装は――あれを服装といえるなら――海水着一枚で、片手を頭のうしろに当て、両目を半分つむり、あのふっくらした、すねた感じの唇を半びらきにしてる。そのポスターは<リタ・ヘイワース>と呼ばれていたが<ほてった女>でもよかったかも知れない。
(刑務所のリタ・ヘイワース/新潮文庫)

興味と根気のある方は探してみて下さいませ。


cover



人気ブログランキング←クリックでじょえるが調子に乗ります(?)


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/07

残り時間を思う---黄昏流星群

4091842615-tasogareたまたま休日に出かけた漫画喫茶で手に取った本。ずっと以前はビッグコミック系の漫画雑誌を欠かさず読んでいた時代もあったのだが、今は全く読まなくなってしまった。
それでも「人間交差点」に感動した記憶から、この「黄昏流星群」を手に取った。
中年男女の最後の輝きを「黄昏流星群」と名づけたのだと言う。

第一巻は中年男女の偶然の出会いと恋愛を描いた作品。家族としっくりいかず、結局はすべてを失ってしまう中年男性が、最後の恋の相手と人生を一からはじめるというストーリー。
やっぱり男性の視点というか、一生懸命働いているのに妻も娘も自分のことばかり、という状況をやや被害者的に描いているのが気になるけれど、(もちろんそんな家族になってしまった責任は彼にもあるのだから)、いろいろな人生経験を積んだふたりの恋愛は、美しいところも汚いところも、それなりに共感できるものなのである。

というようなちょっと冷めた感想を抱きつつ読んでいたら、最後のコマで不意に泣きそうになった。
そこには幸せそうな二人の絵に「平均寿命まで、あと三十●年」と書かれていたのだ。もしかしたら、あと「30年もあるよ」という意味だったのかも知れないのだが、登場人物たちに近い年齢の私は、そのあまりの短さになんだか愕然としたのである。

30余年を長いと感じるか、短いと感じるかは人によって違うのだろうが、私自身は人生のかなり長い年月を無駄使いしてしまったという意識がとても強くて、その分をやり直したいと思っている。そして、もしかしたらやればできるかな、とも思っているのだけど。
「実はそんな時間は残ってないよ」と断言されてしまった気がしたのだ。そんなに少ない時間で、しかも今ですら仕事だけで手いっぱいの毎日で、気がついたら残り時間なんてほんの数えるほどなんじゃないか、と思うとなんだか切ないのだ。

別に燃えるような恋なんかしなくていいんだけど、せめて短い残り時間、「嫌なことは嫌」と言って暮らしたいものだと思います。はい。     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30秒名画劇場

The 30-Second Bunnies Theatre Library

日本ではフラッシュといえば猫のようですが、こちらはウサギ君です。

本や映画の紹介をするとき、「あらすじ」をうまくまとめるのにいつも苦労するのですが、タイタニックなんて長い映画がこんなにあっさりと30秒に要約されていて、それでも「タイタニック」の味がするという、なんか職人芸っぽくてこういうの好きです。

(しかし短くまとめるためか、英語が早口。ちゃんと聞き取れない(涙)。)

「シャイニング」の山の上のホテルの遠景が絶品です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/05

番頭はんと丁稚どん祭り

detchちょっと行ってみようかなと思って前にエントリをあげた映画「番頭はんと丁稚どん」の上映会に行ってきました。
昭和35年の映画「番頭はんと丁稚どん」「続番頭はんと丁稚どん」の2本立てで、間に主演の大村崑さん、と芦屋雁平さんのトークショーがありました。司会はお笑い評論家の西条昇さん。

テレビ史上、伝説の番組である「番頭はん~」を目にすることのできる、大変貴重な機会なわけです。

以前に「中村錦乃助」兄弟の出演するコメディ映画を見に行ったときには、会場が大盛況だったのです。しかし、当時の庶民の人気度から言えば、大村崑さんこそがトップスターだったはずなのです。老若男女「崑ちゃん」を知らない日本人はいなかったはずなのです。それこそ一億人のアイドルだったはずなのです。

そこから考えて、これは行列ができるだろうと覚悟して出かけたのですが、行ってみたら会場は満員にはほど遠く、なんだか拍子抜けしてしまいました。残念というより、もったいなくてしょうがない。

前のエントリにも書きましたけど、やはりネットで検索しても何もひっかからなかったことが大きく影響しているのでは、という気がします。日本喜劇人協会に公式ホームページがない、というのも驚きですが、理事で司会の西条さん、自分のブログ(お笑いエンタメ人生!)があるんですから、もうちょっと宣伝しておけばよかったのに。
昔のものが好きなのは、昔の人ばかりじゃない、というのは西条さんご自身がよくお判りでしょうに。もったいない。

映画そのものも、面白い。懐かしいのももちろんですが、笑えるし(ギャグにも、それ以外のところでも)、そしてちょっぴり泣けるし、まさに昭和のお笑いの真骨頂を感じさせてくれました。
今は亡き名優さん達(榎本健一、芦屋雁之助、森川信、浪速千栄子etc....)の演技も本当に素晴らしく、まさに掘り出しものを見せてもらった、という感じでした。
当時の大阪の風景や、女の人の服装もとても興味深いものです。「お嬢さん」の「こいさん」の着ているワンピースなんかがすごく素敵です。「丁稚」を生み出した社会的な背景なども考えさせられるのですが、頭の横っちょにハゲのある崑松の素直な大ボケ加減が、笑いの中にある種の愛情というか、温かい気持ちを作り出してくれる気がするのでした。

ちなみに西条昇さんもパンフレットのなかでおっしゃっていましたが、この「丁稚トリオと意地悪な番頭」は後のドリフのコントの原型であることは間違いないでしょう。崑ちゃんはカトちゃんで、番頭はん(芦屋雁之助)はいかりや長助でしょうね。

終了後には大村さん自らお見送りに出られて、私はしっかり握手していただきました。(喜)
この映画だけでなく、崑ちゃんの貴重映像を是非DVD化してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元彌デビュー戦:なんか予想通りだ

リンク: 満員熱狂!元彌、体張った/ハッスル - nikkansports.com > バトルニュース.

前に和泉元彌がプロレスデビュー!というエントリで

狂言風の豪華けんらんなガウンを着て登場か。
   
セコンドは真っ赤なスーツのママか。

相手をリングに待たせたまま、ちょっと遅れて上空から登場か。

伝統芸能的跳躍力で低めの攻撃をかわすのか

と書いたんですけど、デビュー戦レポートを読むと(中継は見てないので。すみません。)

試合開始時間になっても姿を見せない。「またダブルブッキングか」。 健想が叫ぶ。そのときだ。会場に鳴り響くヘリコプターのエンジン音とともに、天井から小林幸子ばりの電飾衣装で舞い降りた。
(日刊スポーツ)


とあって、予想当たったというか、誰でも気がつくベタなところを突いてきたな、と。
(予想が外れたのは試合に勝ってしまったことですが、これはまあご愛嬌。)
自分を笑い飛ばせるのが、芸人の本分とすれば「元彌、成長したな」というところでしょうか。

これからも立派なお笑い芸人として頑張っていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

アウトランダーシリーズの続き

0385335989-drums
『時の旅人クレア』というタイトルで日本版が出ているダイアナ・ガバルドンのアウトランダーシリーズ。
シリーズ3作目までを読んだのですが、続きが気になって仕方がなくて原書ペーパーバックを購入してしまいました。
(関連エントリ:時の旅人クレア時の彼方の再会

ハリポタ本もそうなのですが、どうしてこう原書って分厚いのでしょうか。8センチくらいの厚さの本を平気で一冊で出版しているんですよね。単純に日本人より手がでかい、とか腕力がある、とかそんな理由のような気もします。

さて勇んでページを開いてみたものの、活字はめちゃめちゃ小さく、単語は難しく、ハリーのようには早く読めませんが、それなりに楽しんでおります。感想がアップできるのはさて、何ヶ月後になりますやら。。。

この続きももう原書は出版されているんですけどねえ。ぼやぼやしてると邦訳が出てしまうかもしれません。

実はスティーヴン・キングの「ビュイック8」という本の原書も購入したのですが、こっちはすでに邦訳が出ていたのに気づきませんでした。悔しいので買いませんが、ああ、ショックだ。「暗黒の塔」の方にすれば良かった。。。

0743417682

※なかみ検索って、表紙だけじゃなくて文字通り中まで読めるんですね。すごい。

※表紙は原書の方が凝っています。中央の丸はくりぬいてあるのです。
4102193375


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »