« ニットカフェ | トップページ | リメイク多いなあ »

2006/02/19

また「にふ亭」へ

昨日また、落語を聞きに出かけてきました。

ぽっどきゃすてぃんぐ落語 にふ亭 の録音会。


先月はちょうど大雪の日で、お客さん少な目だったのですが、今回はたくさんいらしてました。
担当さんのお話によればぽっどきゃすてぃんぐ落語の利用者が述べ70万人になったのだとか。
想像以上の人気で、ファンの側にとっても嬉しいかぎりです。

以下出演者と演目。 

柳家小吉  松竹梅 (前座)
林家たけ平 たいこばら
鈴々舎風車 お見立て
柳家喬之進 出来心 
三遊亭歌彦 天狗裁き

「たいこばら」は多分漢字だと思います。太鼓腹か幇間腹。

見事に出演順にうまくなっていくのがよくわかります。
芸の世界は修行の世界なんですね。

前座さんの噺は高校の落研でもよく使われてましたから、練習用のお題なんでしょうねえ。あれで笑わせられるようになったら一人前ということでしょうか。

林家たけ平さん。ときどき膝立ちになるのが林家三平風。
「猫は冗談がわからねえ」の一言がとても面白かった。

最後の噺「天狗裁き」は初めて聞いた噺。
途中から「夢オチ」だろうとは想像がついたが、あそこまで話が広がるとはおもってなくて、本当に爆笑させてもらった。 ああ、面白かった。

笑いのある一日で、確かにストレスはかなり解消された気がします。

前の記事 落語はいいねえ

|

« ニットカフェ | トップページ | リメイク多いなあ »

日記2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/8734381

この記事へのトラックバック一覧です: また「にふ亭」へ:

« ニットカフェ | トップページ | リメイク多いなあ »