« アイランド | トップページ | 「ポーション」がコンビニで買える »

2006/03/04

地球の緑の丘:ロバート・A・ハインライン

thepast未来史〈2〉地球の緑の丘

「未来史」と題されたハインライン中期の短編集。

人類が月世界に暮らすことが普通の事になった時代が舞台になっている。分類するならやはりSFなのかも知れないが、ここには何時の時代も変わらない人間の営みを描いた小説が集められている。
即ち、ユーモアあり、英雄的行動あり、冒険ありの、まさしく人類が作り出す「歴史」の断片が描かれているのである。

収録作品

 宇宙操縦士
 鎮魂曲
 果てしない監視
 坐っていてくれ、諸君
 月の黒い穴
 帰郷
 犬の散歩も引き受けます
 サーチライト
 宇宙での試練
 地球の緑の丘
 帝国の論理

たった一人の反乱の顛末を描いた「果てしない監視」で涙。

<ハヤカワ文庫>
しかしこれも絶版。なんだかなあ。

人気ブログランキング←クリックでじょえるが調子に乗ります(?)

|

« アイランド | トップページ | 「ポーション」がコンビニで買える »

好きな本」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/8944994

この記事へのトラックバック一覧です: 地球の緑の丘:ロバート・A・ハインライン:

« アイランド | トップページ | 「ポーション」がコンビニで買える »