« 民主党は逆イナバウアー | トップページ | 地球の緑の丘:ロバート・A・ハインライン »

2006/03/04

アイランド

islandアイランド

映画館で予告を見た時、かなりネタバレっぽかったので、きっとこういうのはつまらないだろうと思って敬遠していた映画。今日やっとDVDで鑑賞。

そもそもが「SF映画」を期待してみてはいけない作品だったようだ。これはお金のかかったアクション映画なのだった。
そう思ってみれば、テロ対策部隊あがりの精鋭達から徹底的に追いかけられ、それでも逃げて逃げて逃げまくる主人公の逃亡劇はなかなか見ごたえがある。
逆に言うと、他の見方をしようとしてはいけない映画なのである。SF的状況を借りて作ったアクション映画。
(それもかなりご都合主義ではある。)そう割り切ってみれば、かなり楽しめる映画だと思う。

しかしまあ、惜しいことこの上ない。
金持ちたちが自分の臓器の「スペア」の培養を依頼している会社がある。その会社は、実はクローン人間を作り出していて、彼らを地下の施設で生活させているのだ。「真実を知らないクローン人間たちの群れ」という状況はかなりSF的にわくわくさせる要素を含んでいて、作りようによっては相当のSF大作ができたんじゃないかと思うのだけど、どうも最初からそんな映画にするつもりはなかったようだ。
もったいないなあ、とSFファンは思うのだが。アクションファンには嬉しい作品だったのだろうか。

人気ブログランキング←クリックでじょえるが調子に乗ります(?)

|

« 民主党は逆イナバウアー | トップページ | 地球の緑の丘:ロバート・A・ハインライン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/8943578

この記事へのトラックバック一覧です: アイランド:

« 民主党は逆イナバウアー | トップページ | 地球の緑の丘:ロバート・A・ハインライン »