« 牙狼<GARO> 最終回 | トップページ | グッとくる?編み物本 »

2006/04/03

佐野元春ライブ@東京国際フォーラム

「星の下路の上」ツアーの最終公演。「有楽町で逢いましょう」のコピーでパンフが作られていたが、開演前には実際に「有楽町で逢いましょう」の曲が流れた。場内から歓声があがる。

東京国際フォーラムが超満員ということは5000人のファンが集まったということ。
デビュー25周年、HOBOKING BANDで10周年のメモリアルツアーでもあり、80年代からの元春ナンバーを、たっぷりと聞かせてくれた。
さすがにファンも中年になってきてはいるが、小学生くらいの子供達もちらほら。2代目ファンもライブを楽しめるくらいの年代になってきたのだ。元春によれば、大好きなアルバム「カフェボヘミア」の発売から今年で20年だとのこと。それを聞いた観客からは驚きのような落胆のような声がもれた。だってつい昨日のことのようなのに。みんな同じ気持ちなんだろうなあ。

前から7列目という素晴らしい席でもあり、心の底から楽しんだ。途中、無数の風船と銀色のキラキラ星が降って来た。夢のように美しかった。風船を皆が前へ前へ、元春の方へ送ろうとする、その一体感がなんとも言えず、なんだか幸福な気持ちに満たされたのだった。

Kiss_1

佐野さん、素敵なライブをありがとう!!

セットリスト(公式サイト) 

(2005-12-07)
定価 ¥ 1,365


佐野元春 - 星の下 路の上 - Single

|

« 牙狼<GARO> 最終回 | トップページ | グッとくる?編み物本 »

佐野元春」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/9416440

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野元春ライブ@東京国際フォーラム:

« 牙狼<GARO> 最終回 | トップページ | グッとくる?編み物本 »