« ハリーポッターと謎のプリンス:J.K.ローリング | トップページ | マリオ! »

2006/05/26

断絶への航海 : J.P.ホーガン

ジェイムズ・P. ホーガン
早川書房(2005-02)

第三次大戦で地表に壊滅的な打撃を与えてしまった地球人は、「新天地」を求めて巨大な無人探査船「クワン・イン(観音)」を宇宙に送りだす。そして何時の日か、生存に適する惑星を発見した時、遺伝子情報を利用してそこに人間を生み出し、都市を作るのだ。(発生学という分野が進んでいるらしい。)
生まれた人間たちを育てるのはロボットで、また資源開発をはじめ、あらゆる技術的な部分をロボットが行う。要するに全く地球人としての感覚を持たない人々の社会が出来上がるのである。
その新天地ケイロンを数十年後にアメリカの移民団を乗せた船「メイフラワー2世号」が訪れる。その時、2つの異質の社会の間には一体なにが起こるのか。

ストーリーの前提になっているケイロン人社会の成り立ちに関する「仮定」が秀逸だ。内容に深く関わりすぎるのであまり詳しくは書かないが、たぶん作者の描く「理想の社会」がこのケイロンなのだと思う。私もこの世界や人々の素晴らしさに、かなり感銘を受けたのである。

ケイロン人の社会に触れて、地球人がどう変わって行くのか、また変わらないのかも興味深く、また例のホーガンの独創的な科学理論も健在である。この人の未来的科学技術(?)の説明にはいつも頭がくらくらしてしまうのだが、もちろんアクションあり、権謀術策ありでストーリーも面白い。後半はちょっとハリウッド映画っぽい筋運びにもなっている。そしてもちろんハッピーエンド。決して悲劇的な終わり方をしないのもホーガンが好きな理由かもしれない。

エンターテインメントでありながら、読後にちょっと哲学的な気分になってしまう小説だった。


人気ブログランキング←クリックでじょえるが調子に乗ります(?)

|

« ハリーポッターと謎のプリンス:J.K.ローリング | トップページ | マリオ! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/10247138

この記事へのトラックバック一覧です: 断絶への航海 : J.P.ホーガン:

« ハリーポッターと謎のプリンス:J.K.ローリング | トップページ | マリオ! »