« コロラド・キッド届いた。 | トップページ | 音波で若者を追い払う »

2006/06/14

創世記機械:J.P.ホーガン

Souseiki_1創世記機械
政府機関の研究員であるクリフォードは、その天才的な頭脳により「宇宙の真実」を解き明かす。宇宙のエネルギーを自由に使うことのできる可能性を持つその技術を、軍事利用しようとする勢力から一度は逃れる彼だったが...。

1978年作品。
まだ世界が東側、西側に分かれていた頃の作なのでそれをベースにした政治模様が描かれてはいるが、それさえもなんだか時代小説を読むような雰囲気で楽しむことができる。
ホーガン得意のめまいのするような科学的解説をどっしり中心に据えてはいるが、要はたった一人で世界平和を達成する天才的ヒーローの物語。かっこいいんだよね、これが。
トンデモ学説かも知れないが、難しい用語で煙に巻かれているうちに例によって「宇宙ってそんなものかもしれない」と思えてくるのが快感にすら感じられるから不思議。爽やかな読後感の作品である。

これ↓を読んでおくとなお面白いかも。

人気ブログランキング←クリックでじょえるが調子に乗ります(?)

|

« コロラド・キッド届いた。 | トップページ | 音波で若者を追い払う »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/10516427

この記事へのトラックバック一覧です: 創世記機械:J.P.ホーガン:

« コロラド・キッド届いた。 | トップページ | 音波で若者を追い払う »