« しゃばけ:畠中恵 | トップページ | セット・オン・ユー »

2006/07/07

千早ふる

落語が好きです。

有名な噺はいろいろありますが、なかでもこの「千早ふる」が大好き。

在原業平の

「千早ふる神代も聞かずたつた川からくれないに水くぐるとは」

の意味を聞かれた知ったかぶり男の話です。


どうしても物事を「知らない」と言えない彼は、その場限りの思いつきでストーリーを作ってこじつけて行きます。 

相撲取りの龍田川がおいらんの千早太夫に振られ、その妹の神代太夫にもふられ、傷心のあまり故郷に帰ってとうふ屋になるという、シュールな展開。

完璧にこじつけたと思ったのに最後に「とは」が余って...というオチ。

この最後の部分はあまり良くない、との評価もあるようですが、私はここが好きです。作り話にも完璧を求めてしまう、この人間の業(笑)。可笑しくて、哀しくて。

ここにアートや芸術の真価の謎が隠れているような気もするのですが、どうでしょうか。(いや、単なる思いつきですが。)


ポッドキャストで聞けます。
ぽっどきゃすてぃんぐ落語 千早ふる」 鈴々舎わか馬




キングレコード(1995-12-06)
定価 ¥ 2,039

|

« しゃばけ:畠中恵 | トップページ | セット・オン・ユー »

日記2006」カテゴリの記事

コメント

ちきはやぶる ですか、私は竜田川ですかな。
まあ、ただのでぶか。笑

昔、ラジオの野球中継が雨で中止になると
色物の芸人達で、今の笑点みたいな事をやっていました。都都逸もそのあたりで覚えたのかな。 

結構子供の私には色っぽくて
野球中継も好きでしたが、その番組とか、寄席中継みたいのも好きでした。

テレビも最初の頃はいろいろやっていたのですが
今は芸の無い芸人、まともに中継できないアナウンサーばかりになり、悲しいですね。

投稿: 塗り壁みつる | 2006/07/28 19:56

どうも、こんなところまで来ていただいて恐縮です。なかなか落語友達がいなくて、寂しかったので嬉しい限りです。
日本の子供達には落語を聞いて欲しいものですが、まあ無理かな(笑)

投稿: じょえる | 2006/07/28 22:48

はじめまして、こんにちは。
私もこの話が大好きでブログのタイトルにしてしまいました。
特に先代の小さんの「粗忽者」噺は絶品。志ん生の「火焔太鼓」、談志の「野ざらし」等も良いですね。
志の輔落語には毎年行っています。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: 千早ふる | 2006/09/13 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/10822730

この記事へのトラックバック一覧です: 千早ふる:

« しゃばけ:畠中恵 | トップページ | セット・オン・ユー »