« 時をかける少女【映画】 | トップページ | 笑酔亭梅寿謎解噺 :田中 啓文 »

2006/08/17

ゆれる【映画】

ゆれる

感想をひとことでいうと、香川照之ってスゴイ、に尽きる。
主演のオダギリジョーの素晴らしい演技にも圧倒されるが、何よりこの映画は香川照之の不気味さによって成立しているのだと思う。


オダギリジョーと香川照之演じる兄弟の物語。仲の良い二人の心の中にある暗い淵を描く。
題材そのものはよくあるし、「藪の中」的手法もそう珍しいものではないのだが。

東京に出てカメラマンとして成功している弟。実家に残り、独身のまま働きづめの兄。彼は誰にでも慕われ、いい人と言われている。そんな兄が吊り橋の上で女を殺したとして逮捕される。過失か故意か。緊迫する裁判が始まった。


気弱そうな兄の笑顔が恐ろしく見える瞬間の怖いこと。
父や伯父や、地方で働くひとびと。自分の知ってるいろんな人に重なって見えるからこそ余計に怖い。

人の絆って本当にあるのか、と不安になるような映画。傑作でしょう。

西川 美和
ポプラ社(2006-06)
定価 ¥ 1,260

インポート・ミュージック・サービス(2006-07-05)
定価 ¥ 1,785

|

« 時をかける少女【映画】 | トップページ | 笑酔亭梅寿謎解噺 :田中 啓文 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/11484268

この記事へのトラックバック一覧です: ゆれる【映画】:

» 最近、兄弟と言葉を交わしましたか?「ゆれる」 [VIVA!ちどりあし]
あの橋を渡るまでは兄弟でした── その独特のセンスに一目置くくろさんから、「すごくいいよ」と薦められたのは先月のこと。 「大作じゃないし」と侮って行ったら既に満席だったりで、本日ようやく観ることが出来た。 オダジョー×香川照之の「ゆれる」。 <s...... [続きを読む]

受信: 2006/08/17 23:54

» 「ゆれる」でゆれる [Thanksgiving Day]
映画「ゆれる」を観てきました。 ぐらぐらとゆれる吊り橋である事件が起きるんですけど、事件以降の心の「ゆれる」様に、何だか観ているこっちの気持ちもゆれてきちゃいました。 心理的な心の動きを楽しむ映画ですかね。 特に兄弟がいる人が観ると、映画が終わった....... [続きを読む]

受信: 2006/08/18 01:11

» 61.ゆれる [レザボアCATs]
深くこころを揺さぶられる、出色の出来映え・・・オダギリジョーは、カッコイイばかりでなく、演技も本当に心に残るものだった。 [続きを読む]

受信: 2006/08/18 02:24

» 「ゆれる」心地良い揺れのなか映画の魔法にかかる [soramove]
「ゆれる」★★★★ オダギリジョー、香川照之 主演 西川美和 監督、2006年 眩しいくらいの緑の反射を受けて ゆれる吊り橋。 大いなる自然のなかで、それはあまりに 頼りない。 人の命を預けられるのか不安になる。 くだらないものや実験的な映画を わざ...... [続きを読む]

受信: 2006/08/25 21:13

« 時をかける少女【映画】 | トップページ | 笑酔亭梅寿謎解噺 :田中 啓文 »