« サマータイムマシン・ブルース【映画】 | トップページ | ライブドアの俳句ブログ »

2006/08/28

キンキーブーツ 【映画】

映画「キンキーブーツ」を観た。

ひとことで言っちゃうと英国版「プロジェクトX」。
イギリスの潰れかかった靴工場が、男性用の「女王様ブーツ」を作って再起を図る。
気弱な主人公が自分の工場を守るために、勇気を持って行動し、ついに成功を得るのである。

成功と言ったって、小さな町工場が潰れずに済んで、ニッチ市場を開拓できた程度のものなんだけど、これと同様の話をハリウッドがやったらきっと話がものすごくでかくなるに違いない。

ゲイバーのショーはラスベガスのでっかいステージになり、工場は国中、世界中に進出し、社長はジェットで飛びまわる。そんなに成功しなくてもいいのにっていう位のアメリカンドリームになってしまうことだろう。

大げさ加減もさることながら、いちばん違うのはたぶん主人公の「悩み具合」になるだろうと思う。
アメリカ映画は悩まない。悩んだとしても「時間が短い」気がするのだが、どうだろう(笑)

この映画で最も好きなのはドラッグクイーン(ゲイ)のショーの場面。こういうミュージカルシーンがきちんとしてる映画が大好きだ。 ストーリーは先が読めてしまうけど、やっぱり感動してしまうのはカンどころを押さえた作りだからだろう。イギリス映画って面白い。面白さが自分の好みに合っているというべきかもしれないが。


シャンテ・シネのロビーに実物のブーツの展示があった。映画に出てきたものではなくて、文化服装学園の生徒さんが作成したものだそうです。
どれもユニークで、なかなかカッコよかったですよ。

映画『キンキーブーツ』とシューズデザイン科のコラボレーション企画

P1000489

P1000492_1


|

« サマータイムマシン・ブルース【映画】 | トップページ | ライブドアの俳句ブログ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/11657019

この記事へのトラックバック一覧です: キンキーブーツ 【映画】:

« サマータイムマシン・ブルース【映画】 | トップページ | ライブドアの俳句ブログ »