« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/30

100s 『百演祭』に行ってきた

中村一義、久々のライブはファンクラブイベントでした。
(恵比寿 liquid room)

ファンクラブ「博愛堂」が出来て9年になるのに、会員限定のライブは今回が初ということで、中村君も「お待たせしました」と言ってました。
しかし9年のうち前半は会員どころか、ライブそのものをやってなかったけど(笑)

今回は整理番号が限りなく最後に近かったので、開きなおって最後部からライブを楽しむことにしました。
ビール片手に100S見るのも、楽しかった。
ちょうど「関係者席」のすぐ後ろになったのですが、中村君のおばあちゃんがいらしてて、間近でお顔を拝見しました。きちんと結った髪、粋なお着物、真っ白な足袋も印象的な本当に上品な方でした。

「お祭り」ということで、ガンガン飛ばす楽しい楽しいライブで、心から彼らのロックを堪能しました。

その中で重大発表もありましたよ。100sは今、新曲のレコーディング中。来春発売になるそうです。
シングルは「希望」という曲。
他にも何曲か新曲を披露してくれました。「今日ここで、このライブでレコーディングだ!」という曲もありました!
オーディエンスの声も含めて録音したようです。

どれもすごくかっこいい(そして演奏が難しそうな)ロックです。そして当たり前だけど中村君のボーカルが素晴らしい、の一言。うっとりしてしまいましたよ。

そういえば「新世界」のPVにライブシーンがあるけど、あの撮影の時も私、参加してたのを思い出しました。結構ラッキーなのかも。中村君と一緒に音楽を作ってるような気持ちになれて、こういうのってとても楽しいなあ。

今から新曲の発売が楽しみで楽しみでしょうがないです。噂によればレーベルも移るらしいので、来年は新しい中村君と100sの活躍が期待できそうです。

ああ、ほんと楽しみだ~!!


東芝EMI(2005-01-13)
定価 ¥ 3,150






キティMME(1998-11-18)
定価 ¥ 3,059

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/28

死んでも愛してる?

メモリアルペット猫の遺骨ケース・ペンダントトップ、ペットロス、手元供養

かわいい猫ちゃんのアクセサリー、と思ってチェックしてみたらなんと

遺骨入れ 

だった。
メモリアルペット猫の遺骨ケース

ペットロスという言葉はよく聞くが、家族同様の猫ちゃんだから死んでしまってからもずっと一緒にいたいということなのだろう。しかし肌身離さず猫の遺骨を抱くというのは、申し訳ないが理解できない感覚ではある。


こういう供養の方式をを手元供養と言うらしい。

(手元供養 ウィキペディア)

人間の世界の供養の流れがペットの世界にも波及しているのだろう。
そういえば、オノヨーコもこんなことしてたような気がするな。

こういうのって、つい自分の場合を考えてしまうのだけど...。

愛する人が天国に行ってしまったら、その遺骨をずっと手元に置きたいと思うだろうか、
自分が先に逝ったとして、ペンダントに入れてもらいたいと思うだろうかって。

今の答えはどちらも「ノー」だ。
なんだか愛というより執着のような気がしてしまって抵抗があるのだもの。

でももし「その時」が来たらこの気持ちも変わるかなあ。

小さなペンダントの写真でいろいろと考えてしまった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

フラガール【映画】

「フラガール」を観ました。(公式サイト

「困難な状況にありながらも何かに打ち込むことで個人も集団も再生していく」という近頃流行りなストーリーねと、ちょっとナナメな気持ちで見始めたのですが。

泣きました。

一番大きいのは個人的記憶を刺激されたことけど。

私は幼い頃北海道の炭鉱町で育ったのです。炭住の生活、気の荒い男の人たちや噂好きな女の人たち、お風呂屋さん、そんな忘れていた風景が思い出されて、何も始まらないうちからも既にうるうる(笑)。

そして私はダンス映画に弱い。
ダンスに反対している親が子の踊る場面を見て気持ちを変えるというのは「リトルダンサー」にもありましたけど、そんなどこかで見た感を吹き飛ばすのは蒼井優の踊りの見事さでした。

クライマックスの晴れ舞台の素晴らしさには息を飲むほどです。
激しいタヒチアンダンスを見て涙することのできる、不思議な映画でもありました。

3ヶ月の特訓であそこまで踊れる女優さん、特に蒼井優はすごいなと思っていたら、彼女は「アニー」出身なのでした。
幼い頃からダンスレッスンを受けていたんだよね。彼女のダンスは一見の価値ありですよ。

あとでパンフをみたら、ダンサーだけでなくハワイアンバンドまで全部炭鉱で働いていた素人だったのだとか。

一番の驚きは、あの時代に街をあげて「ハワイ」を作るアイデアを出した人がいたってことだけど。すごすぎます。


フラガール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »