« 使用前・使用後 | トップページ | 能でエヴァ、講談でガンダム »

2006/11/21

「どろろ」が映画化されていた


ブラックジャックよりも火の鳥よりも好きな手塚漫画。
それはこの「どろろ」です。

父親の欲のために自らの身体を魔物に奪われてしまった主人公「百鬼丸」の哀しくも凛々しい姿が、なんとも言えず胸を打つのですね。
「腕の中」に刀が仕込まれている設定なんて40年前の作品とは思えないくらい新鮮ですし、左腕で魔物を切る立ち回りは想像するだけでワクワクします。この作品は本当に傑作だと思います。
アニメもありました。こちらも傑作でした。もう一度見たいけれど、残虐シーンがあったり、差別用語がたくさん使われていたりして放送はなかなか難しいらしいですが。
DVDは出ていました。

その「どろろ」が妻夫木聡主演で映画化され、来春公開だそうです。
サイトで予告を見ましたが、音楽も風景もなかなか良い雰囲気が出ているようです。

どろろは柴崎コウが演じています。
「実は女の子」という設定なのですが、これでは最初から女の子ってわかっちゃうじゃん、というのがちょっと気になる点ではありますが。

公開(2007年1月27日)を楽しみに待とうと思います。

どろろ 公式ページ

どろろ公式ブログ どろログ

|

« 使用前・使用後 | トップページ | 能でエヴァ、講談でガンダム »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/12767915

この記事へのトラックバック一覧です: 「どろろ」が映画化されていた:

» 妻夫木聡&柴咲コウ主演「どろろ」映画版DVDが7月発売 []
妻夫木聡(つまぶきさとし)さんと女優の柴咲コウさん主演の映画「どろろ」のDVDが決定、7月13日に発売されます。どろろ コレクターズ・エディション「どろろ」は、手塚治虫さんが67年に発表したマンガで、戦国時代を舞台に、秩序を失った争いと荒廃だけ...... [続きを読む]

受信: 2007/05/04 18:39

« 使用前・使用後 | トップページ | 能でエヴァ、講談でガンダム »