« 廃墟になった故郷へ帰る (1) | トップページ | 廃墟になった故郷へ帰る(3) »

2008/10/23

廃墟になった故郷へ帰る (2)

翌朝。
いよいよ、廃鉱の町へと出発です。

レトロバス
レトロバス

大型バスは入れないのでこのバスで行きます。
これも地元の人が同窓会のために尽力して借りてくれたとのことです。

川を越え
P1050615

畑を越え
P1050617

白樺の林を過ぎて
P1050625

最初の廃墟発見。何だったかは不明です。
上羽幌にて

車の通れる道路を反れて、旧道に入ります。道幅狭くなってきました。
旧道を上羽幌へ

これでもバスが入れるように前もってメンバーが草刈りをしてくれていました。
チェーンソー持参で延べ8日間かかったそうです。その努力に頭が下がります。


バスのぎりぎりまで草です。
P1050641


小学校跡地に到着。

これは校舎跡。土台だけ残っています。
校舎跡
校舎跡

用具置場だった?
肥料の袋の青が鮮やかです。
崩壊した建物
崩壊した建物

山ぶどう発見。昔は一升ビンに入れて棒で突いてジュースを作りました。
山ぶどう
山ぶどう

体育館跡。土台のみ。
体育館の土台
体育館の土台


この辺までは草刈りしてくれてあったので、みんな気楽にお散歩気分でした。
この辺にプールがあったはずなので捜索しますがなかなか見つかりません。
元気な人が藪の中に踏みこんで行きました。数分後、奥の方から
「プールあったよ~!!」の声。それを聞いて皆で藪を分け入りました。

前を行く人を撮影。
プールを探す
プールを探す

左手で藪をかき分けつつ右手でシャッターを押しました。
藪をかきわける

ありました。プール跡です。
プール跡
プール跡

横が16m、縦が25m、10コースもあった大きなプールでした。
プール跡
プール跡

大きな水溜りを前に全員が押し黙った瞬間でした。
言葉もなく立ち尽くす、文字通りそんな感じです。

道に戻ると通学路の標識が立っていました。

通学路標識
通学路標識

(3)へ続きます。

【参考写真】
学校の航空写真です。撮影のために全校生徒で校庭に人文字を作った記憶があります。
プールは右端の切れているところです。
Img007_3


|

« 廃墟になった故郷へ帰る (1) | トップページ | 廃墟になった故郷へ帰る(3) »

日記2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/42881747

この記事へのトラックバック一覧です: 廃墟になった故郷へ帰る (2):

« 廃墟になった故郷へ帰る (1) | トップページ | 廃墟になった故郷へ帰る(3) »