« 廃墟になった故郷へ帰る(3) | トップページ | ハイボールナイト2 by SUNTORY »

2008/11/03

10月に読んだ本

こういうまとめができるのが「読書メーター」の便利なところです。
漫画も雑誌も一緒くたなのはご愛嬌でございます。

10月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:6910ページ

H.I.V.E. volume1 (1)H.I.V.E. volume1 (1)
ハリポタとアルテミス・ファウルとリトル・ショップ・オブ・ホラーズ? 面白くなりそうだけどまだなんとも。
読了日:10月01日 著者:マーク・ウォールデン
死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」―退行催眠による「生」と「生」の間に起こること、全記録死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」―退行催眠による「生」と「生」の間に起こること、全記録
前世の記憶、生と生の間の魂の記憶を退行催眠によって聞き取りしたレポート。フィールドワークとしての淡々とした記録が興味深い。丹波哲郎の言ってたことにどことなく似てるのも面白いかな。
読了日:10月02日 著者:マイケル ニュートン
涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)
読了日:10月02日 著者:谷川 流,いとう のいぢ
涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)
読了日:10月06日 著者:谷川 流
涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)
読了日:10月06日 著者:谷川 流
涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)
読了日:10月06日 著者:谷川 流,いとう のいぢ
涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)
長門さんの小説?が良い。
読了日:10月06日 著者:谷川 流
涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫 168-9)涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫 168-9)
後編はまだでしょうか。「大人の事情」もいいかげんしてもらいたい。
読了日:10月06日 著者:谷川 流
やせれば美人 (新潮文庫 た 86-2)やせれば美人 (新潮文庫 た 86-2)
ノンフィクションライターの奥さんになるのは覚悟がいる。私だったらこんなことでネタにされたくないです。
読了日:10月07日 著者:高橋 秀実
エンデュミオンと叡智の書 (新潮文庫 ス 24-1)エンデュミオンと叡智の書 (新潮文庫 ス 24-1)
登場人物のうち誰ひとり好きになれない珍しい児童書でした。
読了日:10月08日 著者:マシュー・スケルトン
陰陽師瀧夜叉姫 上 (1) (文春文庫 ゆ 2-17)陰陽師瀧夜叉姫 上 (1) (文春文庫 ゆ 2-17)
読了日:10月10日 著者:夢枕 獏
陰陽師瀧夜叉姫 下 (3) (文春文庫 ゆ 2-18)陰陽師瀧夜叉姫 下 (3) (文春文庫 ゆ 2-18)
やっぱり長編が面白い。
読了日:10月12日 著者:夢枕 獏
百鬼夜行抄 17 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)百鬼夜行抄 17 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
子狐かわいかった。
読了日:10月12日 著者:今 市子
狼と香辛料 (電撃文庫)狼と香辛料 (電撃文庫)
読了日:10月13日 著者:支倉 凍砂
ブーリン家の姉妹 上 (1) (集英社文庫 ク 17-1)ブーリン家の姉妹 上 (1) (集英社文庫 ク 17-1)
ヒストリカル・ドロドロ
読了日:10月15日 著者:フィリッパ・グレゴリー
ブーリン家の姉妹 下 (3) (集英社文庫 ク 17-2)ブーリン家の姉妹 下 (3) (集英社文庫 ク 17-2)
権力を得るための武器は男児出産。大奥と似て非なるものになるのは宗教上、正妻の子でなければいけないから。どろどろを堪能しました。
読了日:10月16日 著者:フィリッパ・グレゴリー
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫 イ 1-6)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫 イ 1-6)
人間関係いらいらストーリー。好きじゃないです。本のサイズが変なのはなぜ?文庫棚に入らんのだけど。
読了日:10月23日 著者:カズオ・イシグロ
S-Fマガジン 2008年 12月号 [雑誌]S-Fマガジン 2008年 12月号 [雑誌]
コニー・ウィリス目当てに購入。しかし「両替官とアイアン卿」がかなりの拾い物。こういうのが好きだー!!(笑)
読了日:10月28日 著者:
キノの旅 12―the Beautiful World (12)キノの旅 12―the Beautiful World (12)
読了日:10月30日 著者:時雨沢 恵一
空ノ鐘の響く惑星で (電撃文庫)空ノ鐘の響く惑星で (電撃文庫)
読了日:10月31日 著者:渡瀬 草一郎
狼と香辛料〈2〉 (電撃文庫)狼と香辛料〈2〉 (電撃文庫)
読了日:10月31日 著者:支倉 凍砂


読書嗜好の針がラノベに大きく振れてしまった秋でした...
ていうかラノベのカバーを掛けられている中に、すごく面白い小説が埋もれているんじゃないかという疑念を持つようになっております。発掘するのは大変だけどねえ。

|

« 廃墟になった故郷へ帰る(3) | トップページ | ハイボールナイト2 by SUNTORY »

日記2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32969/42995479

この記事へのトラックバック一覧です: 10月に読んだ本:

« 廃墟になった故郷へ帰る(3) | トップページ | ハイボールナイト2 by SUNTORY »