« 2008年11月 | トップページ

2008年12月

2008/12/11

ジュリー病に罹患中。

あれ以来、重症のジュリー病にかかっています。
ipodはエンドレスでジュリー。NHKで録画した映像をみたり、youtubeやニコ動で動画を発見しては見入っています。
自分的に目を離していた頃のジュリーの映像に、メロメロになってます。ノックアウト状態ですわ。
見惚れすぎて、キーボードによだれをたらしそうで心配です。(笑)

で、いま一番気にいっているのがこれ↓

「そのキスが欲しい」

40代半ばだと思うんですが、なんて色っぽい。なんてパワフル。見るたびに惚れ直しております。


で、つい買っちまいました、DVD。

『怪傑ジュリーの冒険』
Ca380086
 
昔、ナベプロが制作してた「クイズ ドレミファドン」のジュリーの歌のシーンだけを28曲繋げてあるのですよ。
余計なものは何もない、シンプルこの上ないつくりです。ジュリーまたジュリー、そしてジュリーのDVD。
☆5つどころか10個も20個もつけたいですわ。超素敵。

DVDやらCDやらを少しずつそろえたいと思っているのですが、アマゾンでチェックしてると在庫切れが多くなってきました。手に入りにくくなるのは残念ですが、私と同じようにジュリー病にかかってる人が多いのかなと思うと、なんだか嬉しいです。


快傑ジュリーの冒険 [DVD]
アート・ユニオン (2002-11-12)
売り上げランキング: 747


iTunes 沢田研二 - ROCK'N ROLL MARCH
沢田研二 - ROCK'N ROLL MARCH


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/07

11月に読んだ本

あれからずっと頭の中はジュリー祭りですが(笑)
一応、読んだ本いきま~す。

2008年11月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:6040ページ

■ティンカー (ハヤカワ文庫SF)
かわいくてロマンティックなSF&ファンタジー。
読了日:11月03日 著者:ウェン スペンサー
ティンカー (ハヤカワ文庫SF)

■エイリアン・テイスト (ハヤカワ文庫 SF ス 16-3)
読了日:11月05日 著者:ウェン・スペンサー
エイリアン・テイスト (ハヤカワ文庫SF)

■チャイルド44 上巻 (1) (新潮文庫 ス 25-1)
今でいうKGBなのよね、この主人公。体制を信じてるエリートが密告社会で嵌められていくのが怖いです。
読了日:11月08日 著者:トム・ロブ・スミス
チャイルド44 上巻 (新潮文庫)

■チャイルド44 下巻 (3) (新潮文庫 ス 25-2)
綺麗に着地させました。後半はもうノンストップで読ませます。素晴らしい。
読了日:11月08日 著者:トム・ロブ・スミス
チャイルド44 下巻 (新潮文庫)


■霧が晴れた時 (角川ホラー文庫―自選恐怖小説集)
名作「くだんのはは」をはじめ、数々の傑作が集められている。小松左京は自分にとってSF・ホラーの原点と言える人なので、ほとんどが既読だけれども、改めて読むとやっぱり怖いし、面白い。御大さすがであります。
読了日:11月11日 著者:小松 左京
霧が晴れた時 (角川ホラー文庫―自選恐怖小説集)


■マーブル・アーチの風(プラチナ・ファンタジイ) (プラチナ・ファンタジイ)
題作の感覚がわかってしまったorz
読了日:11月14日 著者:コニー・ウィリス
マーブル・アーチの風(プラチナ・ファンタジイ) (プラチナ・ファンタジィ)


■狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫)
だんだんとラブストーリー方面に。主人公2人がお互いを好きになるかもって、安易な気もするけど。
読了日:11月15日 著者:支倉 凍砂
狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫)


■狼と香辛料 (4) (電撃文庫 (1390))
教会が世襲なのは?だけど。故郷の謎で引っ張られます。
読了日:11月16日 著者:支倉 凍砂
狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫)


■狼と香辛料 6 (6) (電撃文庫 は 8-6)
惰性で書いてるはずはないんだけど、惰性で読んでしまった感じ。すみません。あまり続けて読まないほうが良かったかも。
読了日:11月17日 著者:支倉 凍砂
狼と香辛料〈6〉 (電撃文庫)


■狼と香辛料 (7) (電撃文庫 (1553))
「外伝」と書いてくりゃれ。
読了日:11月18日 著者:支倉 凍砂
狼と香辛料〈7〉Side Colors (電撃文庫)


■狼と香辛料 8 (8) (電撃文庫 は 8-8)
読了日:11月19日 著者:支倉 凍砂
狼と香辛料〈8〉対立の町(上) (電撃文庫)


■狼と香辛料 9 (9) (電撃文庫 は 8-9)
ラノベ文体?とキャラを特性つけるためだけの会話に疲れた。それがラノベと言われればそれまでだけど。ぎこちない日本語の会話から見える風景は「ヨーロッパのような遠い異国」ではなく「アニメの国」なのである。
読了日:11月20日 著者:支倉 凍砂
狼と香辛料 9 (9) (電撃文庫 は 8-9)


■隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)
後味の悪さの原因の80%は、これを一気読みしてしまった自分への自己嫌悪。
読了日:11月21日 著者:ジャック ケッチャム
隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)


■あたしと魔女の扉 (ハヤカワ文庫 FT ラ 3-1) (ハヤカワ文庫 FT ラ 3-1)
オーストラリアとニューヨークという場所の設定が効いています。ニューヨーク寒そう。
主人公が強いられる究極の選択がそのままタイトルになっているんだけど、邦題も雰囲気が良くでていて上手いですね。面白かった。
読了日:11月24日 著者:ジャスティーン・ラーバレスティア
あたしと魔女の扉 (ハヤカワ文庫 FT ラ 3-1) (ハヤカワ文庫FT)


■時間封鎖 上 (1) (創元SF文庫 ウ 9-3)
読了日:11月27日 著者:ロバート・チャールズ・ウィルスン
時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫)


■時間封鎖 下 (3) (創元SF文庫 ウ 9-4)
旅立ちで終わる話は余韻があって好きだなあ。でも乗り物が予想外だった…。
読了日:11月27日 著者:ロバート・チャールズ・ウィルスン
時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)

漫画

■とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
書道面白い!
読了日:11月16日 著者:河合 克敏
とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)


■とめはねっ! 鈴里高校書道部 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)
読了日:11月24日 著者:河合 克敏
とめはねっ! 鈴里高校書道部 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)


■とめはねっ! 3 (3) (ヤングサンデーコミックス)
読了日:11月24日 著者:河合 克敏
とめはねっ! 3 (3) (ヤングサンデーコミックス)


■とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)
ユカリもてもてだ?(笑)
読了日:11月28日 著者:河合 克敏
とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)

一押しは「チャイルド44」でした。このミスでも一位になってたようです。
ケッチャム「隣の家の少女」は読むんじゃなかったナンバーワンです...

良く見ると「狼と香辛料」の5巻が抜けてますね。読みましたけど。

とめはね!は書道部が舞台の漫画。文化部なのにちゃんと青春スポコン物になってるし、薀蓄も面白いです。
おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/05

人間60年・ジュリー祭り

かな~り迷ってたんですが、ジュリーの東京ドームライブ、やっぱり土壇場でチケットゲットして行って来ました。
迷ってた原因というか、心配してたことは主に

1.「あんなに素敵だったジュリーの衰えた姿を見たくない」
(補足:私は昔ジュリーが大好きで、ライブに通ってました。)

2.「6時間のライブは見るには長いんじゃあ?」

3.「S席で見たいけど、12000円は家計に辛い」

の3点。

しかし、NHKで紅白出演ビデオを集めた番組を見て、やられました!
20数年前、あんなに通いつめたのに、あんなに聞き続けたのに、ものすごく好きだったジュリーを、今見なくちゃ後悔するかもと思って、決心したわけです。


結果はやっぱり行って正解でした~!! 心配ごとなんて全部嘘のように吹き飛びました。
そりゃあ、あの少女漫画から抜け出したような美しさはないけれど、あの声はそのまま、むしろパワーアップしてたかもしれない。

タイガース時代の曲やソロデビュー曲「君をのせて」など懐かしすぎる曲は涙ものでした。
「君だけに~♪」では絶対アタシを指差してたし!

休憩30分挟んで6時間超、全80曲。
ずーと出ずっぱりで歌い切ったのですよ。声は衰えるどころか、後半になっても伸びて行って、走り回りながら歌っても大丈夫。
すごい。本当にすごすぎる60歳。

しかも80曲歌っても「酒場でDABADA」が入ってなかったという。どんだけ持ち歌があるんだ!

アタシはジュリーがバンドを組んでた頃(補足:EXOTICSといいます。)の曲が大好きで、その頃一番好きだった曲が佐野元春の作品だったいうことを知り、それからは佐野さん一辺倒になってしまったんだけど。
まあ、子供も生まれたりしてライブに行けない状態でもあったりして、そんなこんなでブランク20年超。

ギター弾いてた人がそのバンド時代の人だったのも嬉しかったなあ。(補足:柴山和彦さんです。)
スタンド席で廻りの人が座って聞いてるなかで、1人立ち上がって踊ってましたわ。ノリノリのロック曲で座ってられること自体が信じられん(笑)

♪まいにちぼく、眠れない! てきたら「ハッハッハッ」てやらなくちゃね(笑) 我慢できないもん。


まあ、最後の方はドーム中ほとんど総立ちで踊り狂ってましたね。まさにお祭り状態でした。
ブランク20年なんで新し目の曲は知らないけど、それ以前のはアルバム聞き込んでるのでほとんど知ってる。
どれもこれも懐かしかったな。

あと、お客がおばさんばっかりかと思ってたけど、もちろん大部分はおばさんだけど、なんか若い人がかなりいたのでびっくりしました。
若い女の子もだけど、男の子も結構いたんですよ。1人で来てる男子もいっぱいいた模様。
「ジュリー!!」とか叫んでるし「ボギー、ボギー♪」とかいっしょにやってるし。若い子はノリがいいから、嬉しいですよね。もしかしてジュリーが再評価されて、再ブームが到来かもしれないとちょっと思いました。

(補足:あとでmixiで聞いたところによると、映画からファンになった人、youtubeとかの映像を見てファンになった人、たくさんいるそうです。)

大声で歌って踊って、「ジュリーーーーー!」って叫んですっきりしました(笑)
この一日は1万2000円じゃ安すぎだったんでは。そんな価値あるライブでしたよ。まさに最高の一日でした。


人間ジュリーを、これからまた応援して行こうと思います!

ジュリー、ありがとう。

(なんか興奮して文章が変です。すみません。)

以下写真など載せておきます。
ジュリーライブ開演前
ジュリーライブ開演前 posted by (C)じょえる
開演前。まだ2時くらい。しかも平日。

入場待ちの列
入場待ちの列 posted by (C)じょえる
コンサート看板。入場待ちが列になってる。


ジュリー祭りグッズ売り場
ジュリー祭りグッズ売り場 posted by (C)じょえる
グッズ売り場。タオルに80曲書いてあるみたい。
(補足:タオルじゃなくて『てぬぐい』だそうです。)


光る東京ドーム
光る東京ドーム posted by (C)じょえる
終演後のドーム。10時くらい。


ドーム周辺はライトアップ&イルミネーションがきれいでした。
以下はおまけです。

クリスマス・イルミネーション3
クリスマス・イルミネーション3 posted by (C)じょえる

クリスマス・イルミネーション4
クリスマス・イルミネーション4 posted by (C)じょえる


STRIPPER
STRIPPER
posted with amazlet at 08.12.05
沢田研二
ユニバーサルミュージック (2005-03-30)
売り上げランキング: 3261
おすすめ度の平均: 5.0
5 イッツ・オンリー・ロックンロール
5 日本語ロックの到達点
5 男も狂わす色気
5 EXOTICSの演奏
5 歌謡ロックの決定盤!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ