2006/11/27

能でエヴァ、講談でガンダム

リンク: asahi.com:「能舞エヴァンゲリオン」…アニメ、古典に新境地?.

名作アニメ「機動戦士ガンダム」が講談に、「新世紀エヴァンゲリオン」が能になった。ガンダムなどモビルスーツ同士の戦闘が合戦の修羅場読みになり、クローン兵器であるエヴァに取り込まれた母の魂が鬼女の嘆きを発し、と意外な“シンクロ”を見せる。新旧の表現の融合から、ニュータイプの日本文化が生まれるのか?

能はよくわかりませんが、講談の場合は昔から「聴衆が感情移入できる有名な戦記物」が演目として選ばれて来たわけですから、現代ではそれが「ガンダム」になるのは当然の成り行きなのかもしれません。

講談師 旭堂南半球さんによる講談のガンダムは、

「その日のガトーのいでたちを見てあれば、右手(めて)にビームライフル左手(ゆんで)にジャイアントバズーカ腰にザクマシンガンを帯び、兜(かぶと)には指揮官用の角飾り――」

こんな感じらしいです。このように語られて、戦闘場面が目に浮かぶのであればアニメじゃなくて講談であっても楽しめるはずですよね。 

南半球さんについては、

「セリフに力がある『ガンダム』の魅力は、言葉だけでも伝えられるはず」と、「ガンダム講談化計画」を胸に秘め00年、現4代目南陵に入門。古典約40席をけいこして経験を積み、今年3月にガンダム講談を初披露した。袴(はかま)の紋にジオン軍のマークを入れるなど、高座姿もガンダムらしくして上演する。10月には大阪で独演会もした。  
とあります。
ガンダムのために講談師になったんですね。筋金入りです。

この講談、かなり興味がわきました。東京でやってくれたら行ってみたいなあ、と思って探したらYoutubeに映像がありました。

ガンダム講談 動画

これみると、想像以上に講談というよりは「ガンダムファンのイベント」ですね。
このノリではちょっと一般人(あ、ガンダムは好きですよ)には怖いかも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/14

使用前・使用後

ThinkPadのトラックポイント。黒いボディにちっちゃな赤い点が可愛くて特徴あるんですよね。
でもこれってすぐ減ってきちゃうし汚れっぽいんだよねえ、でも仕方ないよねえ、などと諦めていたのですが。

マニュアルに「これは消耗品だから時々取り替えなさい」と書いてあるのを読んでびっくり。

知らなかったのでほったらかしにしてたんですが、あわてて購入しましたよ。

左が古い方、右が新品です。
Point

左のは擦り減っただけでなく、手あかで汚れています。

うぎゃー。 私の手(指?)で汚したんですよね? キチャナイなー。

P1000718
交換してきれいになったThinkPad君。
動きもかるーくなりました。

ThinkPadご愛用の皆さん、トラックポイントのカバーは消耗品です。
早めに交換を心がけましょう!

あ、知らないのはお前だけだって? あははは~。どーもすみません。
ま、とりあえずきれいになってスムーズに動いて嬉しいのであります。


Lenovo トラックポイント・キャップ(ソフト・ドーム)(10個入り)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/10

おうちでスタバ気分を味わう

最近ちょっと家にいる機会が多くて、大好きなスタバのラテがなかなか飲めません。
でもあの『泡』があれば、エスプレッソコーヒーじゃなくてもラテ気分が味わえるんじゃないかと思って、これを買ってみました。家庭用のミルクフォーマーです。

で、早速使って見ましたよ!


まずカップに牛乳を入れます。
P1000693_2

そのまま電子レンジで40秒温めたらフタをします。
P1000696

フタの穴からミキサーを入れます。小さなコイルがついています。
P1000697

ハンドルを握ってスイッチオン。
P1000698

数十秒であわ立ちます。
P1000700

濃い目に入れたコーヒーに入れて出来上がり。
P1000701

上からみたところ。
P1000703

クリーミーな泡に癒されちゃいます。ミルクがすごく泡立つのも不思議で楽しいですよ。
カフェラテ好きな方、ぜひお試しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/28

死んでも愛してる?

メモリアルペット猫の遺骨ケース・ペンダントトップ、ペットロス、手元供養

かわいい猫ちゃんのアクセサリー、と思ってチェックしてみたらなんと

遺骨入れ 

だった。
メモリアルペット猫の遺骨ケース

ペットロスという言葉はよく聞くが、家族同様の猫ちゃんだから死んでしまってからもずっと一緒にいたいということなのだろう。しかし肌身離さず猫の遺骨を抱くというのは、申し訳ないが理解できない感覚ではある。


こういう供養の方式をを手元供養と言うらしい。

(手元供養 ウィキペディア)

人間の世界の供養の流れがペットの世界にも波及しているのだろう。
そういえば、オノヨーコもこんなことしてたような気がするな。

こういうのって、つい自分の場合を考えてしまうのだけど...。

愛する人が天国に行ってしまったら、その遺骨をずっと手元に置きたいと思うだろうか、
自分が先に逝ったとして、ペンダントに入れてもらいたいと思うだろうかって。

今の答えはどちらも「ノー」だ。
なんだか愛というより執着のような気がしてしまって抵抗があるのだもの。

でももし「その時」が来たらこの気持ちも変わるかなあ。

小さなペンダントの写真でいろいろと考えてしまった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

ライブドアの俳句ブログ

takaさんのやってるSecoHanBlogさんにある俳句の短冊が素敵なので気になってました。クリックしてみたら、ライブドアのハイクブログだと判り、早速登録してみました。

こんなこと書くと普段から俳句を詠んでいてストックがあるのかと思われるかもしれませんが、誤解です(笑)
このブログに短冊を貼りたかったので、登録してから一句ひねり出したというか絞りだしました。

左サイドに貼ってみましたよ。どうでしょう?

本格的なのはもちろん無理だけど一言日記風で楽しいかな。


吉村 侑久代 阿部 貢
ジャパンタイムズ(2003-03)
定価 ¥ 1,890

Higashi Glaser Ltd Sanrio Company
Harry N Abrams(2005-03)
定価 ¥ 1,586

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/09

アキバの酒が美味かった

駅周辺の再開発後、秋葉原が変わったとは良く言われますが、昨日は友人とお洒落なお店でプレミアな焼酎なんぞいただいてしまいました。

夕暮れも妙に美しいし
P1000260

こんなお店で、
P1000278
芋蔵BAR

クーポンでプレミア焼酎のサービス付き。

「由羅王」っていうのを飲みましたがこれがまた美味しかったのよ。

喜界島酒造 由羅王 「咲酒」(ゑぐし) 1800ml

そして、一番驚くのはこの店がヨドバシカメラの最上階だってことです。

「すごいなあ、アキバ、すごいなあ、ヨドバシ」

を連呼していたおのぼりさんの夜でした。

また行こうっと。


限定のプレミア焼酎をご紹介!【酒蔵(さけぐら).com】
酒蔵(さけぐら).com


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

古田さん、お誕生日おめでとうございます。

昨日、今シーズン何度目かの神宮球場へ出かけました。
たまたま古田監督の41回目のお誕生日だったそうで、試合前にハッピーバースデーを合唱。
それに応えて監督自らベンチから出てファンにあいさつ。和気あいあいの楽しい雰囲気でした。

Furuta_1

夏休みの子供たちを招待してのイベントもありました。スワローズファン、いや野球ファンを獲得するための地道な努力が続けられているのですね。

P1000251
マックのドナルドさんも応援に。

試合は逆転負けでハッピーとは行かなかったのですが、夏に野外で見るナイターくらいビールの美味しい場所はありません。ビールが美味しいうちにまた行こうと思います。

その時は勝ってくださいね。


古田敦也のブログ

夏に贈るサマーバースディ特集【日比谷花壇】

フラワーパティシエ「フロマージュブラン・アロマキャンドル付き」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/25

村主章枝と劇団ひとり

幼なじみなんだそうです。

村主章枝:劇団ひとりと意外な過去 ナルニア国物語アイスショー

まあ、誰かと誰かが幼なじみって別に珍しい話ではないので、出身地が同じなのかなと思っていたら

ひとりさんと村主さんの父がパイロットでアラスカに赴任し、子供のころ同じ町で暮らしていたというエピソードが明かされた。

へえ。アラスカ友達。

へえ。ふたりともパパがパイロット。

そんなふたりが出会うのはすごい奇遇なんじゃないだろうか。

いろんなことが納得できるような気もして面白いです。(たぶん気のせいですけど)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/23

にふ亭

ひさしぶりに当選したニフティの落語会に行った。 (「ぽっどきゃすてぃんぐ落語 にふ亭」の公開録音。)


担当者さんによれば、最初は期間限定の企画だったそうだが、今回で12回目、つまり1年続いたそうだ。好評のため新企画を加えて、まだまだ続く予定とのこと。

今回も個性のある噺家さんたちの出演で楽しめた。林家たけ平さんと三遊亭歌彦さんは前にも聞かせてもらったので2度目。タイプは全然違うけど、二人ともうまいなあ。

寄席では聞けない噺をじっくりと聞くことができる貴重な場になりつつあるような気がする。ニフティさんも落語家さんも頑張って続けてほしいものです。

☆前は必死に出演者と演目をメモっていたが、今回はボードに書き出してあった。
P1000225

川柳つくしさんは女性の落語家さん。萌えキャラ風の声も出る(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/07/07

千早ふる

落語が好きです。

有名な噺はいろいろありますが、なかでもこの「千早ふる」が大好き。

在原業平の

「千早ふる神代も聞かずたつた川からくれないに水くぐるとは」

の意味を聞かれた知ったかぶり男の話です。


どうしても物事を「知らない」と言えない彼は、その場限りの思いつきでストーリーを作ってこじつけて行きます。 

相撲取りの龍田川がおいらんの千早太夫に振られ、その妹の神代太夫にもふられ、傷心のあまり故郷に帰ってとうふ屋になるという、シュールな展開。

完璧にこじつけたと思ったのに最後に「とは」が余って...というオチ。

この最後の部分はあまり良くない、との評価もあるようですが、私はここが好きです。作り話にも完璧を求めてしまう、この人間の業(笑)。可笑しくて、哀しくて。

ここにアートや芸術の真価の謎が隠れているような気もするのですが、どうでしょうか。(いや、単なる思いつきですが。)


ポッドキャストで聞けます。
ぽっどきゃすてぃんぐ落語 千早ふる」 鈴々舎わか馬




キングレコード(1995-12-06)
定価 ¥ 2,039

| | コメント (3) | トラックバック (0)