2008/08/08

ハリー・ポッターと死の秘宝 : J.K.ローリング

●以下、内容に触れています。内容を知りたくない方はご遠慮下さい。


日本語版も遂に完結しましたね。
いろいろな伏線、複雑な人間関係が見事に収束されて行く圧倒的なストーリー展開は、やはり素晴らしいの一言です。
翻訳者の方のご苦労も並大抵ではなかったことでしょう。本当にお疲れ様でした。
この本を日本の読者に届けていただたいてありがとうございました、と、まずはお礼を申し上げたいと思います。


でもでも、それでも、やっぱりこの翻訳は何かしっくりこないのですよね。
松岡さんの頭にあるイメージをキャラクターが着ぐるみみたいにかぶせられているような、そんな感じがして仕方がありませんでした。
どうしても気になるのが一人称です。それも重要な人物のそれ。

闇の帝王ヴォルデモートは「俺様」と称し、彼が話すときは字体が震えています。
ダンブルドアは「わし」です。語尾には「じゃ」がついています。

例:「わしの杖で君を殺し損ねたのじゃ」 
  :「そうじゃのう」

この訳によって、彼らの大事な個性が逆に失われてしまったような気がします。彼らのクールさ、冷酷さ、芯の強さが大時代的な言葉使いによって消されてしまったのです。時々、ただの悪者キャラ、ただのおじいさんキャラのように感じられるのが、哀しいです。

そしてスネイプです。彼は自分のことを「我輩」と言うのですね。ハリーの物語は近過去というのでしょうか、ほとんど現代を背景にしています。この時代に自分のことを「我輩」という教師をイメージするのはかなり難しいことだと思います。
この一人称を使っていたことで、最終巻で松岡さんは相当困られたのではないでしょうか。
だってこの巻で、というかこの物語全体で最も重要と言っても過言ではないくらいのセリフがスネイプが発せられるのです。
そのセリフは

     Look.......at.......me......

です。これを「我輩を見ろ」と訳すわけにはいかないのは明らかです。

結局、日本語版ではこの部分は「僕」になっていました。若いころの回想場面では「僕」と言わせることで整合性を取ったのでしょう。
でもそのおかげで、逆に「僕をみてくれ」の意味が英語よりも明確になったとも言えるのですが。


もうひとつ気になったことはハリーの母リリーと伯母のペチュニアの姉妹関係がうやむやにされたことです。
日本語版の一巻ではペチュニアが姉、リリーが妹でした。その後、確か3巻だったと思いますが「翻訳者が作者に問い合わせて回答をもらったので姉と妹を入れ替えた」とふくろう通信(本についてくる小冊子)に書かれていました。この時点で作者がどちらでもいいと思っていたのか、あるいは後で変更したのかはわかりませんが、最終巻の英語版では確かにペチュニアがElder、リリーがYounger と書かれています。

もういちど姉妹を入れ替える混乱を避けたためか、日本語版ではこの部分が訳されていません。ということは、日本語版だけを読んだ読者にとってはリリーが姉のままだということです。
ストーリーに大して影響はないのかと思いますが、これをごまかすのはどうかな、と思うのです。せめて「訳しませんでした」という説明は必要だったのではないでしょうか。


とはいえ、スネイプという人物の真実が明らかになる場面は涙を誘います。彼こそがこの物語の影の主人公であり、ハリーポッターの物語は実は青年スネイプの愛と贖罪の物語でもあったという2重構造に、驚かされるのです。

その白眉は回想シーンでのこの会話です。ダンブルドアとのやりとりが悲しくて美しいのです。

"After all this time? "

"Always," said Snape.

   「こんなに年月が経ってるのに?」  
   「永遠に。」


常にそして永遠に、彼女を愛し続けるとスネイプは宣言したのです。
もう読者滂沱の場面ですよ。
本物のロマンティストです、この人は。やっぱりスネイプ先生は「我輩」なんて言っちゃいけないと思います。

最終巻の読了後に1巻から通して再読してみました。気づいてなかったような細かい伏線を見つけたり、あとで登場する人物の名前がさらりと書かれていたりと、新たな発見がありました。
そしてダンブルドアの話術の巧みなこと。狡猾といってもいいくらい。真実を話しながら、核心を隠す彼の技術に改めて感心したり。

こうしてハリーの世界のさらなる深みにこれからもはまっていくのかもしれません。

語りたいことは尽きないですが、愛と死と再生の物語として、青春小説として、大人にも読んでもらいたいと思っております。できれば英語版を。





Still Crazy After All These Years
Paul Simon
Warner Bros. (2004-07-12)
売り上げランキング: 10386


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/18

J.K.ローリングの手書き本、アマゾンが落札

ハリー・ポッターシリーズの作者、J.K.ローリングさんが本編中に登場する童話集『The Tales of Beedle the Bard』を全て手書きで7冊作成し、そのうちの6冊をごく親しい人に贈り、残り一冊はサザビーでオークションにかける予定、というニュースは少し前に新聞で読んだのですが、なんとこの貴重な本を競り落としたのはアマゾンさんだったようです。
落札価格はなんと1,950,000ポンド(約4億5千万円相当)。チャリティにまわされるとはいえ、なんという高額な絵本でしょうか。いずれどこかに展示されることになるのでしょうか。読めなくても一目みたいという気持ちになるのはファンとしてはいたしかたないところですね~。

Amazon.co.jp のメッセージ
(こちらのページにこの本が写真入りで紹介されています。ローリングさんのメッセージの朗読も。)

この『The Tales of Beedle the Bard』、「吟遊詩人ビードゥルの童話集」とでも訳しておきますが、これはハリーポッター最終巻において非常に重要な役割を果たす本です。最終巻のタイトル「DEATHLY HALLOWS」の秘密のカギがこの本にこめられているのです。童話集とは言いながら、本編中で物語として読まれるのはそのうちの一編だけです。本編に登場しなかった童話もきちんとこの本の中には収められているようですね。
手書き本じゃなくてもいいから、中身を読んでみたいとファンなら思う一冊です。いずれはファンにも読めるように出版していただきたいものですね。


Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) Adult Edition
J.K. Rowling
Bloomsbury Publishing PLC (2007/07/21)
売り上げランキング: 21


「ハリー・ポッター」Vol.7が英語で楽しく読める本
クリストファー・ベルトン 渡辺 順子
コスモピア (2007/11/17)
売り上げランキング: 124


「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット)
J. K. ローリング 松岡 佑子
静山社 (2008/07/23)
売り上げランキング: 2
おすすめ度の平均: 5.0
4 三人だけの孤独な戦いに思えたけど、実は・・・
4 和解すること
5 すごいぞローリングさん


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/27

「ハリー・ポッターと死の秘宝」7月23日発売


ハリポタ最終巻、日本語版の予約が始まりました。
やっぱり英語版から約1年後ということになりましたね。タイトルに(仮)という文字もないのでこれで決定でしょうか。

ネタバレはもう書かないと決めたので漠然としてますけど、「あの場面」や「あのセリフ」、松岡さんがどんな風に訳してくるのかと、今からとても楽しみにしております。


●しかし、気づけば2ヶ月も放置してました...。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

読書ノートの中止について

好きが嵩じて、細部まで筆が走ってしまいがちでして、このまま行くとあらすじじゃなくて全訳になってしまいそうでした。

そうならないためには、 書くのをやめるのが一番いいようです。仕事も忙しく、なかなか思うように進められないですし、思い切って中止させていただきました。

楽しみにしていただいた皆さん、申し訳ございませんでした。

今後ともいろいろな本を読んで行きたいと思いますので、お気が向きましたらお立ち寄り下さいませ。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/07/28

Harry Potter and the Deathly Hallows : J.K.Rowling

【ネタバレなし】


発売日に届いた本を昨日読み終わりました。

今の気持ちを一言でいうと、虚脱感、でしょうか。
第一巻の日本語版が出たのが1999年の12月でした。私が手に入れたのは翌年の2000年のことですから、かれこれ7年経ったわけです。物語は各巻で1年が経過していましたから、ハリーの7年の成長をともに過ごしたような形で最終巻を迎えることになりました。

児童書、と思って読み始めた本でしたが、ページの中に広がる不思議なのになぜかリアルな世界に魅了されてしまいました。親戚の家で育てられ、ほとんどネグレクトされている孤独な少年ハリーが、「魔法使い」であるという新たな自分を知り、魔法学校という未知の世界へ飛び込んでいくのです。彼の未来に何が起こるのか、いったいどんな風に成長していくのか、目を離すことができませんでした。

完璧に構築された魔法使いの世界と歴史、魔法学校のたたずまいや細かい授業内容、魔法使いが熱狂するスポーツまで作りだし、詳細なルールやワールドカップチームまで作り出されていましたね。この完成度の高い世界観がこのシリーズの魅力でしょう。最初にクィディッチのルール説明を読んだときの驚愕は今も忘れられません。
周囲の人間たちも細かく設定され、生き生きと描きだされていました。友人たちはもちろん、大人たちも長所と欠点と彼らの人生を背負っています。そんなところもこのシリーズの魅力でしたね。

映画化でまた人気が上がったのですが、やはりハリー・ポッターシリーズの魅力は作者が作りこんだこの世界観と、複雑な伏線が張られているストーリーの細かさでしょう。これだけは本でなければ味わえない醍醐味だと思います。

こんな素晴らしい世界を教えてくれたことに対して素直に「ローリングさん、ありがとう」と言いたいと思います。


Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) Adult Edition
J.K. Rowling
Bloomsbury Publishing PLC (2007/07/21)
売り上げランキング: 3
おすすめ度の平均: 5.0
5 愛と信頼と一生の絆
5 ローリング女史に拍手喝采
5 7巻だけ読んでもわからないと思います




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/22

ハリーポッター最終巻、届きました

Amazonから昨日の朝、配達されました。

Harry_001

7月21日の8時1分以降に配達のこと、という注意書きがありました。


そして現物はこれ。今回もアダルトエディションにしました。表紙がかっこいいのよねえ。

Harry_002


そしてこれは献辞のページ。
「S」の形になってます。こういう細かいところがファンにはグッときます。

Harry_003


昨日から読み始めて今8章まで来ました。最初から怒涛のストーリー展開で、驚くほどの面白さです。
後ろのページは絶対見ないようにして読んでいます。

6巻みたいな読書ノートを書くかどうかは、まだ考慮中です。とりあえずは物語を楽しみたいと思います。

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) Adult Edition
J.K. Rowling
Bloomsbury Publishing PLC (2007/07/21)
売り上げランキング: 3


| | コメント (8) | トラックバック (0)