2006/01/27

ああ息子:西原理恵子

aamusukoああ息子

面白いです。

西原氏ご本人の息子さんが(誇張はあるのだろうが)、相当なおバカ&ハチャメチャぶりらしいのだが、連載の読者に「息子”異次元”体験」を募集したところ、全国の母親達から悲鳴のようなエピソードが集まった。その中でも強烈なものばかりを選りすぐって載せてある。

私も それなりに子育ての苦労はしてきたつもりだが、娘2人を育てるのと暴走する男の子達を育てるのでは、まるっきり世界が違っているのだろう。とにかく物理的、肉体的に大変そうだ。
ベランダから飛ぼうとするとか、コインロッカーに全身入ろうとするとか、床にサラダオイル撒いて滑って喜ぶとか、悪意がないイタズラの激しさに抱腹絶倒である。

また、1ヶ月に消費する米70キロ、牛乳を10数本まとめ買いして店員に「何が飲むんですか?」と聞かれたなんていう話は、月に米10キロでも残ってしまう家庭の主婦にはネタとしか思えないのだが、やっぱり本当の話なのだ。

「ああ男と女は生まれた時から別の生き物なのね」と激しく実感させてくれる本なのである。

<毎日新聞社>

人気ブログランキング←クリックでじょえるが調子に乗ります(?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/22

デス・ノート実写映画化?

という噂をネット上で見かけたのですが、本当なんでしょうか。こことか。

最近はあまり漫画読みませんが、デス・ノートは別格ですからね。こんだけ複雑な話、子供にわかるのか?いやわかんねーだろーな、というものすごく頭のいい人たちの頭脳戦争の話ですからね。
私もときどきページを繰るのをやめて、「あれがああなって、これがこうなって、そうするとこれがああなるから~」としばし考えてしまうようなストーリーです。

いつものことながら、原作面白いと映画化は楽しみ半分、不安半分です。

主役は藤原竜也らしい(これも噂)。
本当だったら、やっぱり子供の付き添いのふりして見に行っちゃうかも(笑)

1/23 追記
本日発売の少年ジャンプで正式発表になってました。
出演者情報はまだなかったです。

dethnoteDEATH NOTE(1)
大場 つぐみ
小畑 健

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/02

10数年ぶりに「あぶさん」を読んだ

昼食に入った喫茶店で「ビッグコミックオリジナル」を読んだ。

昔はよく読んだあぶさんを読むのも久しぶり。

なんと「あぶさん」のところに野村監督が訪ねて来て、酒を酌み交わしている。
野村さんは「独り言だ」と言って、「南海ホークスでいっしょに野球をした二人。また仙台でいっしょに。」と誘う。

しかしまあ、一番驚いたのがあぶの息子「影虎」くんがオリックスのスター選手だということ。
フリーになるのを待って、楽天に行けば野村親子とあぶさん親子の2組の「父子鷹」ができるのだとか。

なんか本物のプロ野球や、本物の野村監督には興味があまりなくなってしまったけど、この漫画に出てくる野村監督はいいですねえ。月並みだけど「ロマン」があるというのか。

あぶさんがいるのだ、と思えば、楽天ファンの応援にも力が入ったりしてね。どうなんでしょうか。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/03

「三丁目の夕日」実写映画化

西岸良平 の三丁目の夕日が映画化されるそうです。
漫画雑誌を読まなくなってだいぶ経ちますが、ビッグコミックはずいぶん長いこと毎号読んでました。
『釣りバカ日誌』をはじめ、映画化、アニメ化された作品はたくさんありますけど、この「三丁目~」はいちばん映画化しにくいんじゃないかと思ってたのですが。ショートショートのような作品だし、まとまったストーリーはないですからね。
昭和48年から連載ということで、キャラクターも固まったし、レトロブームも手伝って、ちょうどいい映像化のタイミングということなんでしょうか。
昭和33年の東京の巨大セットを建造中だそうです。

甦る昭和33年「三丁目の夕日」実写映画化 - nikkansports.com

東宝LINE UPALWAYS 三丁目の夕日

| | コメント (0) | トラックバック (0)